ニュース
» 2019年09月15日 14時45分 公開

ハイビームの代わりにドローンを飛ばす!? アウディ、オフロード対応の未来型EVコンセプトカー「Audi AI:TRAIL quattro」発表 (1/2)

アウディ「ハイビーム代わりに使えるドローンを搭載してみました」

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 アウディは9月10日(現地時間)、ドイツで開催された「フランクフルトモーターショー2019」で、画期的な機能を搭載したE-SUVコンセプト「Audi AI:TRAIL quattro」を発表。オフロードに対応したEVの可能性を提示しました。

Audi AI:TRAIL quattro アウディが発表したコンセプトEV「Audi AI:TRAIL quattro」

 アウディはこれまでにも「Audi AI:ME」(関連記事)といった、電気自動車のコンセプトカーを数多く発表してきました。今回のTRAIL quattroは「形態は機能に従う」をコンセプトに開発されました。

 パワートレインは4基のモーターからなる4WDを採用。最大出力は320kW(約435馬力)、最大トルクは1000Nm(約101.9kgf-m)で、舗装路(オンロード)では最高時速130キロを発生させます。

 航続距離は、オンロードとオフロードのどちらであっても最大250キロほどになると想定されています。

 ボディーサイズは4150(全長)×2150(幅)×1670(高さ)ミリ。22インチのホイールが装着され、水深50センチまでなら走行可能となっています。

 キャビンはヘリコプターのコックピットのようにガラス張り部分が多く、高い視認性を確保しつつ、解放感を生み出しています。またキャビンの側面ガラスが膨らんでおり、乗員の肩や肘辺りに余裕を持たせています。

Audi AI:TRAIL quattro オフロードであっても、250キロの航続距離を目標にしています
Audi AI:TRAIL quattro TRAIL quattroの内装

 さらにTRAIL quattroは、高速道路などで完全な自動運転が行える走行支援システムを搭載。オフロード走行時には、センサーで車の動きを探知して走行安定性を高めるなど、高性能な運転支援システムが搭載されるとのこと。

 画期的な機能として、従来のロービーム・ハイビームの代わりとして、前方を照らす飛行ドローンを5台も搭載しており、内蔵しているヘッドライトを使用しなくても、周囲を明るく見通せるそうです。

Audi AI:TRAIL quattro TRAIL quattroの装備する飛行ドローン

 ドローンを使用するにあたって、法的な課題もありますが、どのような操作が必要なのか、どれくらい自動化(自立制御)されているのかなど、気になる点は多いものの、自動車を運転するドライバーのサポートとしてドローンを活用するというのはとても珍しいこと。今後の展開に注目したい機能ですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.