ニュース
» 2019年09月15日 14時45分 公開

ハイビームの代わりにドローンを飛ばす!? アウディ、オフロード対応の未来型EVコンセプトカー「Audi AI:TRAIL quattro」発表(1/2 ページ)

アウディ「ハイビーム代わりに使えるドローンを搭載してみました」

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 アウディは9月10日(現地時間)、ドイツで開催された「フランクフルトモーターショー2019」で、画期的な機能を搭載したE-SUVコンセプト「Audi AI:TRAIL quattro」を発表。オフロードに対応したEVの可能性を提示しました。

Audi AI:TRAIL quattro アウディが発表したコンセプトEV「Audi AI:TRAIL quattro」

 アウディはこれまでにも「Audi AI:ME」(関連記事)といった、電気自動車のコンセプトカーを数多く発表してきました。今回のTRAIL quattroは「形態は機能に従う」をコンセプトに開発されました。

 パワートレインは4基のモーターからなる4WDを採用。最大出力は320kW(約435馬力)、最大トルクは1000Nm(約101.9kgf-m)で、舗装路(オンロード)では最高時速130キロを発生させます。

 航続距離は、オンロードとオフロードのどちらであっても最大250キロほどになると想定されています。

 ボディーサイズは4150(全長)×2150(幅)×1670(高さ)ミリ。22インチのホイールが装着され、水深50センチまでなら走行可能となっています。

 キャビンはヘリコプターのコックピットのようにガラス張り部分が多く、高い視認性を確保しつつ、解放感を生み出しています。またキャビンの側面ガラスが膨らんでおり、乗員の肩や肘辺りに余裕を持たせています。

Audi AI:TRAIL quattro オフロードであっても、250キロの航続距離を目標にしています
Audi AI:TRAIL quattro TRAIL quattroの内装

 さらにTRAIL quattroは、高速道路などで完全な自動運転が行える走行支援システムを搭載。オフロード走行時には、センサーで車の動きを探知して走行安定性を高めるなど、高性能な運転支援システムが搭載されるとのこと。

 画期的な機能として、従来のロービーム・ハイビームの代わりとして、前方を照らす飛行ドローンを5台も搭載しており、内蔵しているヘッドライトを使用しなくても、周囲を明るく見通せるそうです。

Audi AI:TRAIL quattro TRAIL quattroの装備する飛行ドローン

 ドローンを使用するにあたって、法的な課題もありますが、どのような操作が必要なのか、どれくらい自動化(自立制御)されているのかなど、気になる点は多いものの、自動車を運転するドライバーのサポートとしてドローンを活用するというのはとても珍しいこと。今後の展開に注目したい機能ですね。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響