ニュース
» 2019年09月15日 21時00分 公開

あぁ……なんてこった 豪シドニーでスーパーカー「ランボルギーニ・ディアブロ」が盛大にクラッシュ、見るも無残な姿に

ドライバーが無事だったのは不幸中の幸い。

[志田原真俊,ねとらぼ]

 イタリアの自動車メーカー「ランボルギーニ」がかつて製造していた貴重なレトロ・スーパーカー「ディアブロ」が、オーストラリア・シドニーで盛大にクラッシュ。事故によって見るも無残な姿になってしまいました。

ランボルギーニ ディアブロ クラッシュ 事故現場から引き上げられた「ランボルギーニ・ディアブロ」(写真:Australia crash investigation unit

 事故があったのは9月8日の午後。シドニー郊外のイラウォングという街で、制御を失ったディアブロは道路の外へ。5メートルほど下の草むらに落ち、フロントからルーフ、リアフェンダーまでグシャグシャに潰れた状態で引き上げられました。50万豪ドル(約3700万円)で、しかも買ったばかりだという憧れのスーパーカーが大破してしまったのは辛すぎる……!

 事故原因については明らかにされていませんが、ドライバーの男性は無事に脱出できたそうです。命あってのなんとやら……不幸中の幸いですね。

ランボルギーニ ディアブロ クラッシュ 崖下に落ちたディアブロ(写真:Australia crash investigation unit

 ディアブロは、ランボルギーニが1990年から2001年まで生産していたスーパーカー。名車「カウンタック」の後継モデルで、直線的なデザインを受け継いでいます。V12エンジンを搭載し、前期型は5.7リッターで492馬力、後期型は6リッターで550馬力を発生し、最高速度が時速300キロを超える市販車のひとつです。現代のスーパーカーのような電子制御はなく、運転が難しいクルマとしても知られています。

ランボルギーニ ディアブロ クラッシュ ボディはかなり凹んでしまった様子(写真:Australia crash investigation unit
ランボルギーニ ディアブロ クラッシュ それにしても、シザードアでよく脱出できたなあ……(写真:Australia crash investigation unit

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.