『うえきの法則』福地翼の新作 異能力ラブコメ『ポンコツちゃん検証中』がかわいすぎる(1/2 ページ)

ヒロインの夢咲さんがとにかくかわいいんだって。

» 2019年09月18日 11時00分 公開
[ねとらぼ]

ポンコツちゃん検証中

 『うえきの法則』『サイケまたしても』の福地翼さんによる新作『ポンコツちゃん検証中』(少年サンデーコミックス)の第1巻が9月18日に発売された。


ポンコツちゃん検証中

 ヒロインの夢咲さんは、毎朝目覚めるたびに「特殊能力」を1つ獲得する。「触れたものをプリンに変える能力」だったり「念じたものを平行移動させる能力」だったり、役に立つのか微妙なものばかりだが、彼女はそれらを使いこなす必要がある。ちょうど1年後、地球を滅ぼす巨大隕石が落ちてくるからだ。

 が、タイトルにあるように彼女はポンコツである。普段の行動もヒロインというよりマスコットに近いくらいであり、「手で触れたものをドローンに変える能力」を貰った際には、なぜか自分の両膝をドローンにしてひっくり返っていた。完全に人選ミス。地球は終わり。あきらめよう。


ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

 一方で主人公の水戸くんは顔が怖いだけの一般人である。持ち前の洞察力を発揮して夢咲さんの能力検証をサポートする。長所が「洞察力」というのがいい。思春期真っ盛りの男子中学生は「人間観察」が大好きだし、「洞察力」に根拠のない自信を抱えているので。

 この漫画、一言で表すならば大量の砂糖で煮詰めた「セカイ系の甘露煮」である。

 世界の命運をかけたボーイ・ミーツ・ガールを大真面目に描きながら、それでいてセカイ系に特有の「危うさ」を徹底的に排除している。泣き叫ぶような苦難はなく、胃酸が逆流するような恋の障害もなく、ただひたすらにヒロインがかわいい。


ポンコツちゃん検証中

 「特殊能力を有するのは主人公ではなくヒロイン」「主人公とヒロインのプライベートな関係が世界の命運を左右する」という構図は、いわゆる「セカイ系」作品に見られがちな設定である。『天気の子』を「現代に復活したセカイ系」と評価する向きがあるのも、こうした文法をある程度踏襲しているからだろう。

 ところが、『ポンコツちゃん検証中』には一般に思い浮かべるセカイ系作品と決定的に異なる点がある。世界の命運を一身に背負った少女を見ていると、普通は鬱々とした展開を連想しそうなものだが、夢咲さんの場合はそれがない。ポンコツっぷりがあまりに現実離れしているせいで、彼女の周りは「ギャグ漫画時空」と化している。つまり無敵だ。壊した家は次回になれば直っているし、たぶん隕石に当たっても「いてっ」で済むんじゃないか。


ポンコツちゃん検証中

 すなわちわれわれは心から安心して夢咲さんのかわいさを堪能できるのである。こんなにうれしいことはない。

 異質なのは夢咲さんだけではない。主人公の水戸くんもまた本作を本作たらしめている要因である。なぜなら彼は第1話にして「夢咲さんが頼ってくれるなら……なんのために検証してるかとか……神様とか……そんなのどうでも……」などと考えてしまうからだ。

 わかる。「好きな女の子といい感じになる」方が世界よりも大事になる瞬間は、痛いほどよくわかる。だけどこういうのは、いろんな葛藤を経た末にクライマックスでようやく辿り着く答えな気がするし、最初からこんなペースで、ちょっと飛ばしすぎじゃないか水戸くん!


ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

 夢咲さん側の好感度も最初からMAX。おっぱいに頭から衝突しても、市街上空から垂直落下する程度のペナルティーで済む。00年代の作品であれば意識を失うまで殴られていただろう。

 うじうじ葛藤する主人公や、ヒロインの好感度を上げるためだけに用意された困難など必要としない、これは発明だ。結局のところ男子中学生が求めているのはいちゃいちゃである。マズローの欲求ピラミッドをご覧いただきたい。「恋愛が成就するまでの過程を楽しみたい」は「性欲」のきっかり真上に記されている。


ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

 というわけで、いろいろなことがどうでもよくなるくらい、夢咲さんはかわいい。以下に第1話を丸ごと掲載しているので、溶けた砂糖のように輝く夢咲さんの笑顔を自身の目で確かめてほしい。


【※キャンペーンは受付終了しました】福地翼先生サイン入り直筆イラスト プレゼントキャンペーン

ねとらぼ公式TwitterもしくはInstagramをフォローし、プレゼント企画を告知する投稿をTwitterの場合はRT、Instagramの場合はいいねしてくださった方の中から抽選で合計3名様に、福地先生のサイン入り直筆イラストをプレゼントします。

注意事項

  • 応募期限は9月25日正午です。
  • 当選者には編集部よりDMにてご連絡いたします。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください。
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処理します。
  • キャンペーン参加にあたり、アイティメディアのプライバシーポリシーにご同意いただいたものとします。


『ポンコツちゃん検証中』1話出張掲載!


ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中

ポンコツちゃん検証中
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」