セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた

セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。

» 2019年09月18日 11時45分 公開
[戸部マミヤねとらぼ]

 セブン-イレブン加盟店のオーナー5人が9月11日、公正取引委員会を訪れ、同社を告発する内容の申告書を提出したと報じられています。店舗に無断でおでん等商品を発注されたことなどを理由に、セブン本部の独占禁止法違反を主張しています。



 オーナーらは「最終的にキャンセルできたが、(店舗にやってきた本部社員に端末を操作され)勝手におでんを発注された」と陳述しており、セブン本部の強引な経営方針が波紋を呼びました。ネット上では「独禁法違反以前にこれ犯罪でしょ?」「文書偽装の罪で逮捕じゃないのか……」など、独禁法のみならず刑法にも抵触するのではないかと推測が飛び交っています。

 告発が真実であれば、実際に法律上、どのような問題があるのでしょうか? グラディアトル法律事務所の井上圭章弁護士は以下のように回答しています。


1.独占禁止法上の問題について

 優越的な立場に立っていることを利用して、立場の弱い者に対し、商品を購入させるような不公正な取引は、いわゆる独占禁止法で禁止されています。

 セブン-イレブン・ジャパン本部と店舗オーナーとの立場を考えたとき、店舗オーナーに比べ本部が優越的な立場にあるといえます。

 このような、本部社員が店舗オーナーに無断でおでんを発注するような行為は、本社の優越的な立場を利用して店舗におでんを買わせるものと考えられ、独占禁止法に違反する可能性があります。特に、おでんが買い切り商品で返品等が認められない場合、独占禁止法に違反する可能性が高いです。

2.刑法上の問題について

 本部社員が、オーナーに無断でおでんを発注した場合、オーナーはその発注を取り消したり、多く買ったおでんを売り切るよう通常と違う業務を強いられたりすることとなります。このような場合,偽計業務妨害罪が成立する可能性があります。

 またオーナーは,まさか「本部社員が勝手におでんを注文する」とは思っておらず、もしそのような無断注文の目的で来ていると知ったら、本部社員を店舗に招き入れることは当然ありません。このような場合、「建造物侵入罪」が成立する可能性があります。

 なお、ケースにもよりますが「詐欺罪」などの犯罪が成立する場合もありえます。

 さらに、店舗事務所の端末のアクセスがオーナーにしか認められていないにもかかわらず、店長のIDやパスワード等を無断で入力し、その端末を利用するような場合には、いわゆる「不正アクセス禁止法」に違反する可能性があります。


3.民法上の問題について

 本部社員が、オーナーに無断でおでんを注文するような行為は、本部とオーナーとの間の信頼関係を壊すような行為です。このような信頼関係を壊すような行為をすることは、本部とオーナーとの間の契約に違反する場合や、店舗に損害が出ないよう配慮する義務に違反するものとして、債務不履行にあたる場合があります。

 また、契約違反ではないとしても、キャンセルが間に合わず、おでんが大量に余り廃棄せざるを得ないような場合、本部社員はオーナーに違法に損害を負わせたとして、不法行為にあたる場合があります。

 このように、本部社員のおでんの無断注文によりオーナーが損害を被った場合、オーナーは本部に対して、その損害を賠償するよう請求できることとなります。


4.まとめ

 今回の報道について、詳しい事実関係は明らかではありません。ですが本部社員がおでんを無断注文する行為は、上記のような法律上の問題をはらむ行為と考えられます。

 たとえ法律上問題がないような場合でも、おでんの無断注文は褒められた行為ではなく、一定の社会的責任を問われ得る行為だと考えられます。それがオーナーの利益を考えたものであったとしても同様です。


取材協力:井上圭章弁護士(グラディアトル法律事務所)



セブンーイレブン本部が「おでん無断注文」 オーナーらは独禁法違反の理由として、「おでん無断注文」以外にも、24時間営業の義務化や、オーナーを補助するための制度が自由に活用できないことなどを挙げています(画像はセブンーイレブン・ジャパン「オーナーのサポート体制」ページより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. /nl/articles/2406/14/news035.jpg 2歳弟、大好きな姉とハグをするはずが…… 胸がギュッとなる数秒後→まさかの展開に「かわいいー!」「男の子って面白い」
  3. /nl/articles/2406/13/news190.jpg 「全員死ねばいいのに」人気グラドル、局部写真送るファンにうんざり 被害明かす→被害拡大で「俺が死ぬわ」
  4. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  5. /nl/articles/2406/14/news106.jpg 「マジだ! すげー!」 Google Chromeロゴに隠された“まさかの事実”に驚きの声 「今年いちばん驚いたかも」
  6. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  7. /nl/articles/2406/11/news173.jpg 2年かけて金箔やメッキを集める→完成した“1本の延べ棒”が1466万表示 夢あるビフォーアフターに「ロマンある―!」「継続は力なり」
  8. /nl/articles/2406/14/news028.jpg 「もう付き合っちゃえよ!」と言いたくなるオオタカとトビが話題 集会中のレアな姿に「既に付き合ってるな!」「面白すぎ」
  9. /nl/articles/2406/13/news018.jpg 40歳女性「顔周りに多い白髪、昔は“よりによって……”と落ち込んだけど今では……」 白髪を楽しむグレイヘアに「めっちゃ素敵!」「勇気出た」
  10. /nl/articles/2406/14/news120.jpg 「虎に翼」、まさかの人物が全てをかっさらう Xトレンドで「目力強すぎて圧倒」「“直明役の子かっこいいなあ”と思ったら」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」