ニュース
» 2019年09月18日 08時30分 公開

聴覚障害者に対する楽天カードの対応がすばらしいと話題に LINEビデオ通話で手話通訳者がサポート

楽天カード以外のクレジットカード会社も同様のサポートを設けています。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 耳や発話の不自由な方に対する楽天カードのサポートがすばらしいとTwitterで話題です。きっかけは聴覚障害を持つRuna(@runa_Kn)さんのツイート。LINEのビデオ通話を用いて、手話で対応してもらえたといいます。




 「楽天カード手話通訳サービス」は、耳や発話の不自由なユーザーに向けた、テレビ電話による手話・筆談の受付窓口です。手話通訳は、楽天カードより業務委託を受けたプラスヴォイスの手話オペレーターが行います。

 Runaさんのツイートにもあるように、電話窓口から問い合わせを行う場合、聴覚に障害を抱えた方は家族などに代理をお願いすることになり、本人確認の手間や精神的なストレスが大きくなりがちです。本人が直接コミュニケーションできることには、健常者がイメージする以上のメリットがあるのです。


楽天カードの手話サポート

 ツイートには「自分は視聴障害ではないけど、こーゆ対応はどこでも必要ですね」「楽天素晴らしいですね。素敵な情報提供ありがとうございます」といったリプライが寄せられました。

 なお楽天カードでは、LINEのほか、SkypeやFaceTimeでも問い合わせを受け付けています。またこうした施策は他のクレジットカード会社も取り入れており、例えばJCBカードJALカード三井住友カード NICOSカードYahooカードなどもビデオ通話による手話や筆談に対応しています。


画像提供:Runa(@runa_Kn)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.