ニュース
» 2019年09月18日 16時20分 公開

Amazonの新宅配システム「Amazon Hub」発表 提携企業のロッカーやカウンターで注文品を受け取れる

ロッカーはファミリーマートや小田急電鉄、カウンターは荷物預かりサービスのEcboやマッサージの「りらく」などで展開。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Amazonが、提携企業の「Amazonロッカー」や「Amazonカウンター」で荷物を受け取れるサービス、「Amazon Hub」を発表しました。当面は東京と神奈川が中心で、9月中に数十箇所で展開し、年内に約200箇所へ拡大。2020年以降は日本全国へ順次拡大される予定です。


Amazonロッカー Amazonがついに宅配ロッカーへ参入

 Amazonロッカーはファミリーマートや小田急電鉄、富士シティオなどで展開。注文時に専用ロッカーを配送先に指定することで利用できます。配達が完了すると、解錠用のバーコードが添付された通知メールを送信。ユーザーは3日間の保管期間内であれば、いつでもロッカーで商品を受け取れます。


Amazonロッカー 通知メールを受信。受け取り場所が分かりやすいよう、ロッカーには固有の名前がつけられており、この例では「サンマ」ロッカーが指定されている

Amazonロッカー 通知メールに添付されたバーコードをロッカーでスキャン

Amazonロッカー 所定のフタが開いて商品を受け取れる

 Amazonカウンターは、店舗にて対面で商品を受け取れるサービス。荷物預かりサービスの「ecbo」やマッサージの「りらく」などが導入します。


Amazonカウンター Amazon Hubのタグがついたお店で受け取り

 利用の流れはロッカーとほぼ同様で、配送先にAmazonカウンター対応店舗を指定。配達完了の通知メールを店員に提示すると、注文品を引き取れる仕組みです。なお、こちらは保管期間が14日間となっています。


Amazonカウンター 通知が来たら、配送先に指定したお店へ

Amazonカウンター

Amazonカウンター 店員が受領用のバーコードをスキャンして、荷物を引き渡します

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.