ニュース
» 2019年09月22日 09時00分 公開

怪しい生徒はみんな“異世界帰り”扱い 中二病こじらせヒロインに振り回される漫画にツッコミが止まらない(1/2 ページ)

ある日美少女が降ってきて、床に落ちた。

[ねとらぼ]

 些細なことから同級生を“異世界帰り”と思い込む暴走こじらせヒロインに、ラノベ作家志望の男子が振り回される漫画『アイツ、異世界から帰ってきたっぽくね?』(作:橋元大河)がメタ要素いっぱいです。現在「コミック アース・スター」で連載中で、9月12日に第1巻が発売されました。

(天井にしがみついて待ち構えていた)美少女が降ってきた

 異世界ものを投稿サイト「小説っぽいだろう」に投稿して“だろう系”作家になろうと目論む男子高生・久森内の前に、ある日「やっと来てくれたね」と意味深なセリフを吐きながら美少女が降ってきます。どこかで見たようなシチュエーションですが、久森内が驚いている間に彼女はそのまま床に落ちる羽目に。美少女は「女の子が降ってきたら受け止めないと物語(ファンタジー)が始まらない」と久森内に説きますが、そもそも彼女は器具を使って天井にしがみついていたのでした。ファンタジーもへったくれもないし、むしろ天井にしがみつける身体能力がファンタジー。

 落ちてきた美少女は天使でもなんでもなく生徒会長の嵐。異世界に行きたい彼女は、「最近やたらと空中を指差している(ステータス画面を操作している疑惑)」「ガラケーからスマホに機種変した(スマホは異世界では強力アイテム)」などよく考えなくても無茶苦茶な理由で同級生を「異世界召喚から帰ってきた」と決めつけては身辺を探ろうとします。久森内は異世界ラノベ作家を目指していることを理由に、彼女の暴走に巻き込まれることに……。

 異世界あるあるシチュエーションやメタ要素、「友情(ハーレム)・努力(チート)・勝利(ムソウ)」「異世界の戦いでは死=死」などツッコミどころ満載。嵐のこじらせっぷりが極まっていて、ついつい読んでいる方も久森内と一緒にツッコミを入れてしまいます。作中に登場する人気ラノベのタイトル「俺不可(俺の異世界辞書に『不可能』の三文字をくれ!)」のいかにもありそうな感じも絶妙。

 異世界ものだけど異世界には行かない、異色の異世界ものの同作。異世界ものが好きな人には刺さる場面が多そうです。

『アイツ、異世界から帰ってきたっぽくね?』1話出張掲載

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい