ニュース
» 2019年09月19日 14時28分 公開

史上最強の親子対談ッ! 週刊少年チャンピオンで『バキ道』板垣恵介×『BEASTARS』板垣巴留が漫画哲学を語る

9月19日発売の週刊少年チャンピオン42号にて。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 9月19日発売の週刊少年チャンピオン42号に、漫画家・板垣恵介先生(『バキ道』)と板垣巴留先生(『BEASTARS』)の対談が掲載されます。両氏が親子であることが明かされ、漫画制作の原点や哲学について語られます。


板垣先生対談

板垣先生対談

 共に週刊少年チャンピオンを代表する「板垣姓」の2人。『刃牙』シリーズは28年間にわたり秋田書店の顔役を果たし、一方の『BEASTARS』は初連載にしてマンガ大賞、講談社漫画賞(少年部門)、文化庁メディア文化祭マンガ部門新人賞を受賞し(2018年)、2019年10月にはテレビアニメ化を控えています。漫画ファンの間では「両氏は親子なのではないか?」とたびたびうわさされていました。両氏の初代担当である沢考史さん(前週刊少年チャンピオン編集長)が聞き手となり、熱い漫画論が交わされます。

 対談の模様は、週刊少年チャンピオン50周年記念サイトに完全版として後日掲載予定。また板垣巴留先生は9月25日発売のKiss11月号(講談社)から、幼少期の家庭環境を綴った自伝ホームドラマ『パルノグラフィティ』の連載をスタートします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.