ニュース
» 2019年09月20日 15時06分 公開

iOS 13配信開始でついにPS4とXbox Oneコントローラーが使用可能に! ペアリングの方法は

Bluetoothで接続できます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Appleがモバイル向けOS「iOS 13」の配信を開始しました。さまざまな新機能が追加されるなか、地味に大きいのが、プレイステーション 4およびXbox One(※)のコントローラーが接続可能になった点。同時に始まった定額制ゲームサービス「Apple Arcade」(関連記事)のゲームを、さっそくPS4用ゲームパッド(デュアルショック 4)を接続して試してみました。

※Bluetooth対応版のみ


iOS13 Apple Arcadeでは、月額600円でラインアップの全ゲームをプレイ可能。その多くがゲームパッドでの操作に対応している

 ゲームパッドはBluetooth経由でiPhoneと接続可能。まず「設定」アプリを起動して「Bluetooth」を選択してオンにしたうえで、デュアルショック 4のPSボタンとSHAREボタンを長押しします。iPhoneのBluetooth設定画面に表示される、「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」をタップすれば接続は完了。接続を切るには、PSボタンを長押ししてデュアルショック 4の電源をオフにするか、iPhone側でいったんBluetoothをオフにすればOKです。

※Xbox Oneコントローラーの接続は、手元にBluetooth非対応版しかなかったため試せませんでした。海外サイトの例では、「Xboxロゴボタンでコントローラーの電源を入れたのち、背面のワイヤレス登録ボタンを長押し」と説明されています


iOS13 Bluetoothの設定画面を開き、PSボタンとSHAREボタンをともに長押し

iOS13 「DUALSHOCK 4 Wireless Controller」の文字をタップ

iOS13 接続に成功すると、デュアルショック 4のライトが赤く光ります

 接続が済んだところで、「ソニックレーシング」をプレイしてみると、チュートリアルで「曲がるには左スティック」「アイテムは×ボタンで使える」といった説明が表示。アプリがゲームパッドを自動で認識していることがわかります。


iOS13iOS13 画面の操作指示が、デュアルショック 4に即した表記になっている

 その後いくつかのゲームをタッチ操作とゲームパッド操作の両方でプレイしてみたところ、主にアクションゲームで、遊び慣れたゲームパッドの使いやすさを感じました。ただ、スマホと一緒にコントローラーを持って外出し、出先でゲームを遊ぶスタイルはあまり現実的とも思えません。よほどタッチ操作では遊びにくいようなゲームを、自宅で遊ぶ分にはアリといった所感です。


iOS13 3Dアクション「Hot Lava」。タッチ操作では大変な移動と視点変更の同時入力が、パッドならば2本のスティックで簡単にできるため、難易度が大きく変わる

iOS13 「チューチューロケット!ユニバース」はパズルゲームなので、タッチ操作でもプレイは楽。ただ、パッドの場合上下左右の矢印をそれぞれワンボタンで出せる(上下左右が△×□○に対応)メリットはある

 iOS13に対応する機種は、iPhone 6S/6S Plus/SE以降と第7世代iPod touch。ほかにも、画面表示を黒基調にして目の負担を抑える「ダークモード」や、写真の編集・管理機能の強化など、多くの改良がなされています。


iOS13iOS13 ダークモードは「設定」→「画面表示と明るさ」からも設定可能。コントロールセンサーの輝度アイコンを長押しし、左下のボタンでオン/オフする手もある

iOS13iOS13 ホーム画面や純正アプリの色調を変更可能。じきにサードパーティ製アプリも対応すると思われる

iOS13iOS13 写真アプリには、年月日ごとに写真を表示できるなど、インターフェースが刷新。ポートレート写真には新エフェクト「ハイキー照明(モノ)」が追加されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.