ニュース
» 2019年09月21日 09時19分 公開

欅坂46、初の東京ドーム公演で披露された全楽曲を2万字で全力レポート! 「ガラスを割れ!」で既成概念を壊す幕開け【前編】 (1/3)

千秋楽で披露された全楽曲21曲の見どころを前・中・後編に分けた2万文字、画像35枚でお伝えします!

[Kikka,ねとらぼ]

 欅坂46が9月18日と19日に東京ドームにて「夏の全国アリーナツアー2019」の追加公演を東京ドームにて開催し、10万人の観客を熱狂させました。千秋楽で披露された全楽曲21曲の見どころを前・中・後編に分けた2万文字のレポートと、画像35枚でお伝えします。


欅坂 東京ドーム KEYAKI 東京ドームでツアー千秋楽を行った欅坂46(Photo by 上山陽介)

 8月16日のゼビオアリーナ仙台(宮城)を皮切りにスタートしたツアーでは、横浜アリーナ(神奈川)、大阪城ホール(大阪)、福岡国際センター(福岡)と、全国4都市で10公演を開催した欅坂46。全公演の完売を受けて追加公演として発表されたのは初舞台となる東京ドームで、ファンからも大きな注目が集まっていました。

影ナレ

 ライブの開催直前にメンバーから観覧の注意事項が読み上げられる、通称「影ナレ(※)」が恒例の欅坂46。東京ドーム千秋楽公演では、「本日は『欅坂46 夏の全国アリーナツアー2019 追加公演』にお越しいただき誠にありがとうございます。欅坂46の菅井友香です!」とキャプテンの菅井さんからまず元気なあいさつがあり、会場からは「おぉ〜!」という大きな歓声が上がりました。続いて上村莉菜さんと原田葵さんからもあいさつと注意事項が伝えられ、集まった5万人の観客は「は〜い!」と大きな声で返事をした他、会場が徐々に欅カラーである“緑”のペンライトで覆われていきました。

(※)影ナレ……開演前にメンバーがナレーションのみで注意事項を読み上げること。姿は見えないので“影ナレ”。

オープニング:平手友梨奈が現れたのは朽ち果てたものが集う場所

 オープニングに登場したのは丸襟に赤いリボンタイを合わせた制服姿の平手友梨奈さん。カラーコンタクトを入れた青い瞳が印象的です。平手さんが現れた場所は、動かなくなったメリーゴーラウンドの木馬、ジェットコースター、朽ち果てて蔦が絡みついている車など、世の中から必要とされなくなった物が集められたスクラップ置き場のようです。

 歩を進める平手さんが途中、何かを地面からすくい上げ、そのまま錆びた階段を昇っていくと、そこには1台のピアノが。平手さんが差し込んできた光に向かってゆっくりと手を上にあげるとその動きにリンクするかのようにピアノもゆっくりと上昇。静まり返る会場内に平手さんが「ラ」の音を響かせ、Overtureがスタートしました。


欅坂 東京ドーム KEYAKI オープニングに登場した平手友梨奈さん(Photo by 上山陽介)

Overture:“一味違う”ローマ字表記と5万人のコールに胸が高鳴る

 メロディーのスタートとともに5万人の観客が一体となって声を上げるOverture。緑のじゅうたんが一斉にうねる様は本当に美しく、胸が高鳴ります。そんな中、今回印象的だったのが、メンバーの名前がローマ字表記のみで表現されていた点です。欅坂46のOvetureでは、これまでの軌跡をたどる紹介ムービーとともに、メンバーの顔写真と名前が登場するのが一般的でしたが、今回は一味違う重厚な雰囲気です。


欅坂 東京ドーム KEYAKI 圧巻の緑のじゅうたん(Photo by 上山陽介)

ガラスを割れ!:鬼気迫る表情で5万人の観客を一気に欅坂の世界に

 Overtureに合わせてせりあがった舞台に現れたのは「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で初披露された赤いパラシュート衣装の欅坂46。メンバーが「OH OH OH OH OH」と歌えば会場からは「HEY! HEY!」と大きなレスポンスが上がり、「ガラスを割れ!」で欅坂46の東京ドーム公演千秋楽が幕を開けました。


欅坂 東京ドーム KEYAKI まずは赤いパラシュート衣装で登場(Photo by 上山陽介)

 冒頭から土生瑞穂さん、鈴本美愉さん、小林 由依さん、平手さん、藤吉夏鈴さん、小池美波さん、渡邉理佐さんのフロントメンバーを中心に抜群にキレのあるダンスを披露するメンバーたち。その心に静かに燃えるものを表現するかのように、会場では炎が上がる特殊効果も発動。鬼気迫る表情で5万人の観客を一気に欅坂の世界に引き込んでいきます。

 また序盤では平手さんをメンバ―たちで投げる大技「平手キャノン」も決まった他、サビの「Rock you!」では感情を爆発させ、「これぞ欅坂46」を見せつけました。この楽曲で注目したポイントは「すべて失っても手に入れたいものがある」のパート。ここでは齋藤冬優花さん、原田さん、森田ひかるさんの3人によるパフォーマンスがあるのですが、攻撃的なダンスの中にこの3人の柔らかなダンスが加わることによって、「がむしゃらになって どこまでも追い求めるだろう」の歌詞がすっと胸に落ちてくるような気がしました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.