ニュース
» 2019年09月21日 14時57分 公開

YouTube、認証バッジの条件変更を発表 クリエイターの反発受けて「バッジ取り消し」は撤回

当初は「YouTube外でも広く認知されている」アカウントに認証バッジを付与するとしていました。

[ねとらぼ]

 YouTubeが、認証バッジを付与する条件を変更し、著名なクリエイターに付与するとの新しい基準を発表しましたが、クリエイターの不満を受けて方針を転換しました。

 これまでYouTubeでは、登録者数が10万人を超えていれば、本当に公式アカウントであることを証明しなくても認証バッジを獲得可能でした。同社は当初の発表で、この基準を変更して、登録者数よりも「公式だと証明できる」「YouTube外でも広く認知されていること」などを条件にするとしていました。新基準を満たさないチャンネルには「認証バッジがつかなくなる」という通知をメールすること、異議申し立てができることも述べていました。

 この発表にクリエイターからは批判が続出。認証バッジがなくなるというメールを受け取ったユーザーから不満の声が上がっていました。YouTubeのスーザン・ウォジッキCEOは「的外れだった」と謝罪。方針を転換し、「既にバッジを持っているチャンネルは持ち続けられる」と発表しました。

 YouTubeの転換後の方針では、従来通り登録者10万人を超えるチャンネルが認証バッジを申請可能。「本物のクリエイターやブランド、団体などを代表するチャンネルであること」「公開チャンネルであり、説明やアイコン、コンテンツが存在しておりアクティブであること」が認証の条件となります。申請があったチャンネルは身元確認など審査を行い、なりすましと判断した場合は認証バッジは付与せず、追加の措置も取るとのこと。

新しい認証の条件

 またこの変更に伴って、認証バッジの見た目も変更。チャンネル名の横にチェックマークを表示するのではなく、チャンネル名の背景を薄いグレーにします。チェックマークをつけていたことで、YouTubeがそのチャンネルのコンテンツの内容を支持していると一部で受け取られていたという背景があり、そうした混同を招かないためとしています。

従来のチェックマーク
新しい表示方法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響