ニュース
» 2019年09月22日 12時30分 公開

今のギャグ漫画は「テレビを基準にするやり方だとちょっとまずい」――『トマトイプーのリコピン』大石浩二に聞く、「面白かったね」で終わらない方法(6/6 ページ)

[虚構新聞・社主UK,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

影響を受けた作品

――ここからは作品から少し離れて、先生自身のことについておうかがしたいのですが、まずは漫画家を目指されたきっかけを教えてください。

 昔から4コマ漫画とかを描いてはいたんですけど、本格的に漫画家になろうとまでは考えてなくて。大学の授業中によく4コマを描いて隣の人に見せてたら「面白い」って結構いわれたんで、「そんなに面白いんならプロになれるかな」って調子に乗って、福岡でやってたジャンプのスカウトキャラバンに持って行ったのがきっかけですね。

 そのあと1年くらい編集部とやりとりしてたんですけど、急に「ジャンプ」で代原(代理原稿)が必要になることがあったんです。当時ギャグ漫画はパッと載せられるっていうことで「ちょっと描いてみない?」っていわれて描いたものが運良く載って。代原のギャグ漫画って大体、読者アンケートの最下位なんですけど、そうでもなかったらしくて、じゃあ増刊でもやってみようかと。

――そこから連載につながっていったんですね。やっぱり昔から漫画がお好きだったんですか?

 昔から読んでましたね。と言っても、マニアックなのじゃなくて『ドラゴンボール』とか『スラムダンク』とか、みんなが普通に読んでるジャンプ作品が基本で。今の若い子は分からないですけど、あの時代って「ジャンプ」が話題の共通項だったじゃないですか。「水曜日のドラゴンボールが野球で中止になった」とか、「ナメック星の5分が長い」とか。

――同世代なので分かります(笑)。影響を受けた漫画家さんや漫画作品ってありますか?

 ギャグ漫画で言うと、やっぱり『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!! マサルさん』のうすた京介先生がすごく衝撃でした。『マサルさん』より前に描かれた読み切りを読んで「この人、面白い漫画描くなあ」って。「ジャンプ」みたいな少年誌のギャグって、それまではコメディ要素が強かったんですね。青年誌ではネタ要素の強い作品もあったんですけど、あんなにネタ要素の強いギャグ漫画を「ジャンプ」でやるっていうのが斬新というか。それまでコミックスでギャグ漫画って買わなかったんですけど、『マサルさん』からはギャグ漫画を買うようになりました。

 そこから先の直接的な影響だと『幕張』の木多康昭先生ですかね。『いぬまる』を始めるときに、うすた先生が『ピューと吹く! ジャガー』を連載されてたんで、その方向性でぶつかっちゃうと跳ね返されて絶対に勝てないし、別の方向性ということで、どちらかと言うと木多先生の方向だったかもしれないですね。あと、絵やギャグのテンポなら「ヤングキング」で連載されていた吉本蜂矢先生の『デビューマン』にすごく影響を受けてます。


『デビューマン』

――漫画以外の作品ではどうですか?

 ヒットした映画なんかは大体見るようにしてます。小説だと、ホラー作家の小林泰三さんの作品は毎回ビックリするオチになってて、構成の参考になりますね。ホラーなのに1ページ目に答えがあったりとか。

――最近読まれた中で、おすすめの漫画ってありますか?

 最近でもないんですけど、森田まさのり先生の漫画が好きで、今だと『べしゃり暮らし』とか。あとドラマにもなった『宇宙を駆けるよだか』の川端志季先生の作品も好きですね。


「面白かったね」で終わらない方法

――なるほど。そして、いよいよ最後に「リコピンのこれから」についてお聞きしたいのですが、どんな感じに展開していくんでしょう?

 「講談社見学」回もそうなんですけど、SNSで話題になってもそこで止まっちゃって、それがきっかけでみんなが『リコピン』を読みだすようになるとか、コミックスがすごく売れるとか、そういうわけでもないんですよ。

――えっ、そうなんですか。

 人生をかけて今までで一番面白いネタが描けたとしても「面白かったね」っていわれて終わっちゃう気がする。だからたぶん、根本的にやり方を変えないとダメなんじゃないかなって最近は思いますね。普通だったら新キャラが出てくるとかなんでしょうけど、『リコピン』はそうじゃないと思うんで。

――やり方を変える、ですか……。

 例えば、海外のクリエイターズトイの世界だと、まずキャラクターのフィギュアを出して、そこから人気が出てきて漫画化するとかあるんですよ。『リコピン』も最初に企画してた段階では、キャラ先行でもいいんじゃないかって思ったんです。「ジャンプ」だけじゃなくて、「週刊ヤングジャンプ」とか「週刊プレイボーイ」「non-no」みたいな女性誌にも1ページずつ載って、「何かこのキャラ最近よく見るよね」っていわれたら、「漫画が面白い」じゃなくても勝ちだなっていう。

 だから、もうちょっとリコピンのグッズとか出してほしいんですけどね。サンリオみたいにグッズから入って「こんなのあるんだ」っていう。マンガを読んでキャラを好きになってもらってから、そのキャラグッズを買ってくださいっていうのが「ジャンプ」のやり方だと思うんですけど、その逆でやってほしいんですよ。僕は漫画を描くことしかできないんで。

――今日先生が持って来られたリコピンのぬいぐるみみたいなグッズがもっと増えるといいですよね。ちなみに、これって売ってないんですか?

 これは読者プレゼント用に100体くらい作ったんですよ。



――(ぬいぐるみを触りながら)これ、すごくよくできてるじゃないですか。普通に買いたいんですけど、市販する予定ってないんですか?

 今メルカリとかで何万円にもなってて貴重なんですよ。(中路氏に向かって)市販してくださいよ。

(※中路氏、特にリアクションなし)

――では、今後の展開っていうのはストーリーにとどまらず、キャラグッズを含めたもっと広いものを考えておられるということですね。

 「いちおう漫画もあるよ」って言うか、どっちかって言うと「漫画はもう別にいい」みたいな。好きな人には漫画を読んでほしいですけど、LINEのスタンプとかサンリオ的な売れ方をしてほしいです。

――いいですね。リコピングッズをどんどん広げて、まんまとやられる人を増やしていきましょう(笑)。最後に、本当に毎度ベタな締めで恐縮なんですが、『リコピン』の読者、そしてねとらぼ読者のみなさんにひと言お願いします。

 今日はわざわざこんな汚いところ(※集英社)にお越しいただいて、僕のような、かわいいだけが取り柄の漫画家にインタビューしていただきありがとうございました。

 そうだ、いつか、ねとらぼさんの編集部も見学させてください!

――それはぜひ!

 さすがに今日明日とかではないですけど、忘れたころに伺わせていただきます!

――では、いつかねとらぼ編集部が漫画になるのを楽しみにしてます!


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」