ニュース
» 2019年09月25日 16時17分 公開

すき家、牛丼の税込価格を据え置き 定食などは値上げ

牛丼の並盛は10月1日以降も税込350円のまま。

[ねとらぼ]

 すき家本部は9月25日、10月1日からの消費税増税に伴う「すき家」の対応を発表しました。主力の牛丼で税込価格を据え置く一方、定食やカレーなどは一部を除き値上げします。また、店内と持ち帰りの税込価格を統一します。

フォト すき家は牛丼とトッピングの税込価格を据え置く

 牛丼は「ミニ」から「メガ」まで全サイズの税込価格を据え置き。「並盛」の場合、現在は税込350円(本体325円+8%)ですが、10月1日以降も店内、持ち帰りとも税込350円とします。店内の場合は本体価格を264円に値下げすることで対応しています。

 また、「ねぎ玉」などのトッピング各種も税込価格を据え置きます。

 カレーは「ミニ」「並盛」は据え置く一方、そのほかのサイズは10円値上げ。セット各種は「健康セット」を除き10〜30円の値上げ、定食各種も「豚生姜焼き定食」以外は20〜30円値上げします。

フォト すき家の消費税増税対応(ニュースリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.