ニュース
» 2019年09月25日 20時19分 公開

「子ども欲しい?」「夫婦で財布は別?」 価値観をパートナーと互いに確認できるサービス「ふたり会議」

夫を好きすぎるあまり、結婚生活を円満にするためのサービスを作ったという運営者に話を聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 子どもは欲しいか、夫婦で財布は別々にするか……などなど、いくら好き合ったカップルといえど、いざ結婚するとなるとさまざまな価値観の相違でぶつかってしまうことがあるもの。こうした問題でギスギスしてしまう前に話し合いをと、きっかけを提供してくれるWebサービス「ふたり会議」が注目を集めています。


ふたり会議

 ふたり会議は、同じ質問をパートナーと2人で一緒に答え、あとで互いの回答を比較できるサイト。現在はβ版で、「結婚式をしたい?」「子どもは複数人欲しい?」「家事代行や家電に頼るのはあり?」「お互いの収入をオープンにするのはあり?」など21の質問が設けられており、利用者は「はい」「どちらでもよい」「いいえ」の3択で答えることになります。


ふたり会議 設問は「結婚式」「子ども」「お金」「実家・義実家」のカテゴリに分かれています

ふたり会議 互いの帰省に関する考え方って、案外デリケートで話しづらかったりしますね

 1人が全問に答えたら交代し、パートナーの入力も済んだら答え合わせ。2人の意見が一致した部分と違った部分が分かりやすく表示されます。これをきっかけに、各問の選択理由を互いに話し合うことで、2人で価値観についてすり合わせができるわけです。


ふたり会議 1人が入力を終えたら、パートナーも同じ質問に答えていきます

ふたり会議 入力が終わると、2人の回答が同時に表示。意見の割れた項目は明るく、一致した項目は暗く表示される

ふたり会議 カテゴリごとに話し合いのポイントが提示

 最後には「今日で全ての項目を話し合って意思決定する必要はありません」と、アドバイスが表示。普段話せないようなことを確認することで2人が理想の結婚生活について気軽に話せて、毎日を送れますようにと、サービスの主旨が語られます。


ふたり会議 普段は話しにくいことの確認がまず大事

 運営者のあつたゆか(@yuka_atsuta)さんは、フリーで活動しているライター・編集者。結婚したばかりで毎日が楽しく、「夫のすべてが可愛い!」「夫が生きているだけで尊い!」というテンションで生きており、このサービスを立ち上げたきっかけも、大好きな夫といつまでも円満でいたい思いだと、経緯をnoteにつづっています。

 幸せいっぱいのあつたさんですが、周囲からは「結婚しても仲がいいのは最初だけ」といった声が聞こえてきて悲しい思いをすることも。それならばと、夫とずっと仲良しでいられるよう、仕組みで解決する方法を考えてきたといいます。

 そんななか、仕事で取材した歌手のSILVAさんから聞いた、「婚前契約で夫婦のルールを決めたことで円満な結婚生活を送れている」話から、価値観をすり合わせることの大切さを再確認。弁護士をはさむなどハードルの高い婚前契約はしないまでも、結婚前に話し合うべきことを確認できるサービスがあればいいのではと、思いついたのがふたり会議なのだそうです。

 サービスには「2人の意外な共通点が見えて楽しかった」「結婚してから価値観の相違に気付くと大変なので、こうした取り組みは大事」など好意的な意見が多い様子。その一方で、「いいサービスだけど、人の価値観はあとで変わるものだから……」と、長い結婚生活を考慮しての苦言もみられます。

 あつたさんにサービスの今後を聞いたところ、機能改善や設問の追加といった要望に応えて、アップデートを予定しているとのこと。現状で一番要望の多い機能は、「遠距離でも互いの回答を共有できる仕組み」だそうです。また、恋愛段階の「カレカノ編」や、子どもができてからの「育児編」など、ライフステージに合わせたバリエーションも予定されています。

 設問の設定については夫の意見を聞きつつも、結婚歴が長いフォロワーの意見を重視。自分でも夫と一緒に試してみたところ、制作過程で何度も2人で話してきたため大きな発見はなかったものの、結婚指輪への考え方に違いがあると気付いたそうです。なんでも、あつたさんは「いらない」派なのに対し、夫は「虫よけのために付けていてほしい」派なのだとか。あつたさんは、「夫が好きすぎるあまりWebサービスまで作っている人に、これ以上の虫よけが必要なのか?」と苦笑していました。

協力:あつたゆか(@yuka_atsuta)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.