ニュース
» 2019年09月26日 08時00分 公開

賢治、漱石、太宰の作品世界に浸れる便せんとインクのセットが登場 一緒に使いたい万年筆も同時発売

万年筆とコンバーターのセットも売ってくれるなんて、文具好きに手厚すぎる。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 フェリシモが展開する雑貨ブランド「YOU+MORE」は、「日本近現代文学の世界へ 文学作品イメージインク・文豪イメージレターセット」のWeb予約を開始しました。同時に、あわせて使える万年筆とコンバーターのセット「日本近現代文学の世界をより楽しむための万年筆&コンバーターセット」も予約開始です。

フェリシモ 文具女子 インク沼 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」セット

 「日本近現代文学の世界へ 文学作品イメージインク・文豪イメージレターセット」は、日本の文学界に名だたる文豪3人にまつわる物事をモチーフにしたレターセットと、彼らの作品の世界観をイメージしたインクのセットで、手紙を書いた人も手紙を受け取った人も作品世界に入り込めそうです。

 デザインは〈 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」〉〈 夏目漱石「夢十夜 第一夜」〉〈 太宰治「女生徒」〉の3種類。レターセットとシールにはそれぞれの文豪にまつわるモチーフが取り入れられ、インク色は文豪の作品に登場する言葉をイメージしています。1セット3800円(税別)で販売です。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」セット

 便せんのデザインは、音楽好きだったことや石集めが趣味だったというエピソードなどをもとにした絵柄。便せんと封筒には自然を感じる紙質が使われています。インクの色は「銀河鉄道の夜」にある言葉“南十字が浮かぶ空”をイメージした濃い青です。

フェリシモ 文具女子 インク沼 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」セット。封筒専用シールにはサイダーと天ぷらそばが描かれています
フェリシモ 文具女子 インク沼フェリシモ 文具女子 インク沼 宮沢賢治「銀河鉄道の夜」セットのインク色

夏目漱石「夢十夜 第一夜」セット

 便せんのデザインは、飼っていた猫や愛用のパナマ帽などがモチーフになっています。便せんには神経質な性格を彷彿とさせる一癖ある紙質が使われています。インクの色は「夢十夜 第一夜」にある言葉“明けの明星”をイメージした黄色です。

フェリシモ 文具女子 インク沼 夏目漱石「夢十夜 第一夜」セット
フェリシモ 文具女子 インク沼 夏目漱石「夢十夜 第一夜」セット。封筒専用シールは好物のジャム缶
フェリシモ 文具女子 インク沼フェリシモ 文具女子 インク沼 夏目漱石「夢十夜 第一夜」セットのインク色

太宰治「女生徒」セット

 便せんのデザインは、実家の養鶏場にいたと思われるめんどりや、太宰が好きだったという桃の花などをモチーフにしています。便せんには繊細な性格を表すように、ペン先へ抵抗するような紙質が使われています。インクの色は「女生徒」にある言葉“何よりも神々しい夕焼け空”をイメージした赤です。

フェリシモ 文具女子 インク沼 太宰治「女生徒」セット
フェリシモ 文具女子 インク沼 太宰治「女生徒」セット。封筒専用シールに描かれているのは、太宰が好きだったという桃の花
フェリシモ 文具女子 インク沼フェリシモ 文具女子 インク沼 太宰治「女生徒」セットのインク色

日本近現代文学の世界をより楽しむための万年筆&コンバーターセット

 「日本近現代文学の世界へ 文学作品イメージインク・文豪イメージレターセット」が表す世界観をさらに楽しむための、輝くラメ入りの万年筆とコンバーターのセットです。夜空に輝く星のようなボディの万年筆には、天体や空をイメージしたインクが似合いそうです。1セット5550円(税別)です。

フェリシモ 文具女子 インク沼 日本近現代文学の世界をより楽しむための万年筆&コンバーターセット。インクはついてきません
フェリシモ 文具女子 インク沼フェリシモ 文具女子 インク沼 日本近現代文学の世界をより楽しむための万年筆&コンバーターセット。コンバーターに好きなインクを入れて楽しめます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり