ニュース
» 2019年09月26日 11時30分 公開

「仮面ライダーカブト」のキャストオフを手作りで再現 人力ギミックがほほえましくも高クオリティー

家族が釣り糸で引っ張って部品を取り去る仕掛けがハートウォーミング。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 仮面ライダーカブトがマスクドフォームからライダーフォームへ変身するときの「キャストオフ」を、手作りで再現したコスプレがTwitterで注目を集めています。アーマーを人力で排除するギミックがほほえましくも、造形のクオリティーは高くてかっこいい。


キャストオフ 人力で早変わり……!

 動画を投稿したのは、多くのライダーやロボットのコスプレ衣装を製作している、むっぴー!(@tp_a0)さん。まずは生身に装着したカブトゼクターを起動し、マスクドフォームへの変身を演出します。


キャストオフキャストオフ

 そしてスイッチを折り返すと、いよいよキャストオフが始動。アーマーがカメラのフレーム外から釣り糸で引っ張られて、むっぴー!さんはライダーフォームへの2段変身を遂げました。ツノが起き上がるシーンもばっちり再現されているし、プロポーションも抜群だし、見事としか言いようがない。


キャストオフ キャストオフ!

キャストオフキャストオフ 両側から引っ張られてアーマーがフレームアウト。タイミングのズレはご愛敬

キャストオフキャストオフ ジャキーン!

キャストオフ 決めポーズもステキ!

 「リアルカブトだ」「素人業じゃない」「カメラアングルの凝りようからも情熱が分かる」などと、ツイートには絶賛の声が多数。むっぴー!さんは「アーマーの動きがもたもたしているのは、ビヨビヨ伸びる釣り糸と、それを引っ張った家族の息が全く合ってないから」と失敗を振り返りながらも、「夢がまた1つ叶った」とコメントしています。


動画提供:むっぴー!(@tp_a0)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.