ニュース
» 2019年09月26日 11時48分 公開

「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など手がけた映像加工のピクチャーエレメントが破産

数々の話題作に参加していました。

[ねとらぼ]

 東京商工リサーチによると、映像加工を専門に手がける「ピクチャーエレメント」(東京都世田谷区)が9月18日、東京地裁から破産開始決定を受けました。負債総額は約1億9400万円とのことです。

フォト ピクチャーエレメントのWebサイト

 映像に視覚効果をもたらすVFX(ビジュアル・エフェクツ)や、映像の色調などをデジタル調整するDI(デジタル・インターミディエイト)など、ポストプロダクションを中心とした映像加工専門の企業。2014年に東宝が資本参加しており、拠点は東京・成城の東宝スタジオ内に構えていました。

 8月公開の「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」ではDIを担当。4月公開の「キングダム」ではVFXやDIに参加するなど、話題作を含む多くの作品に関わった実績があります。

 東京商工リサーチによると、2018年8月期の売上高は約6億1300万円でしたが、採算性が低く、1億円超の債務超過に陥っていたとのことです。受注した案件の不採算や、見込んでいた案件の失注などもあって資金繰りがひっ迫し、事業継続を断念して破産の申し立てに至ったとのことです。

フォト Webサイトの制作実績ページには「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」など話題作が並んでいる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.