ニュース
» 2019年09月26日 15時00分 公開

ミッキーのつり革がかわいい! ディズニーリゾートライン初めての新型車両を導入、子どもだけでなくバリアフリーにも配慮

早く乗りたい。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 2020年春にディズニーリゾートラインで新型車両「リゾートライナー(Type C)」の導入が決まり、特別デザインの車内イメージが公開されました。

ディズニーリゾートライン 「リゾートライナー(Type C)」内装イメージ

 2001年に開業したディズニーリゾートラインは、東京ディズニーリゾートの各施設を結ぶモノレール。これまでダッフィーやスティッチといったキャラクターをデザインしたリゾートライナーを走らせたことはありますが、新型車両の導入は初めてです。

 新型車両の開発コンセプトは「いつでも どこでも だれにでも ディズニーの世界観を提供したい」としており、ミッキーマウスをイメージした窓やシートなど、外観だけでなく、車内にも特別なデザインが施されています。

 外観は、やわらかく揺らめく波をイメージした2色のグラデーション。ミッキーのシルエットを象った窓も大きくなり、展望性が向上しています。

ディズニーリゾートライン 外装イメージ

 車内はミッキーマウスをイメージしたデザインで、ミッキー型のつり革は3段階の高さがあり、子どもから大人まで楽しめるように配慮したレイアウトになっています。

 室内空間は高さ・幅ともに広くなり、ロングシートを採用することで乗降性や居住性が向上しており、車内にフリースペースを設置するなどバリアフリー設備も充実。先頭車両のシートはベビーカーや車イスを利用していても景観を楽しめる形状になっています。

ディズニーリゾートライン 展望席付近イメージ

 導入車両数は1編成(6両)。2024年度末までに全5編成(30両)を導入予定とのことです。

※画像は全てイメージです

※Type CのCは、ローマ数字で100を意味しています

(C)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.