ニュース
» 2019年09月26日 15時15分 公開

ボードゲーム「DEATH NOTE 人狼」発売 キラ陣営とL陣営に別れて頭脳バトル

「キラゲーム」じゃん。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 漫画『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ 作画:小畑健)の世界観に「汝は人狼なりや?」のルールを組み合わせたボードゲーム「DEATH NOTE 人狼」をCHOCOLATE Inc.が発表しました。価格は税込2500円。


DEATH NOTE 人狼

 『DEATH NOTE』は、名前を書くだけで人を殺せるデスノートを巡るサスペンス作品。デスノートを手にした殺人鬼「キラ」と、ノートを追う探偵「L」の頭脳戦が読者を魅了し、世界累計3000万部を売り上げました。

 「DEATH NOTE 人狼」では、参加者が人狼に当たる「キラチーム」と市民にあたる「Lチーム」に別れて舌戦を繰り広げます。本作独自の要素としてランダムに配られる「アイテムカード」があり、キラが「デスノート」のカードを持った状態でないと相手チームを殺害できないなど、ルールの面でも原作を再現しているようです。


DEATH NOTE 人狼

DEATH NOTE 人狼

 『DEATH NOTE』の人狼ゲームといえば、2007年にニンテンドーDS用ソフト「DEATH NOTE キラゲーム」がコナミから発売されています。会話における「信頼感」や「発言力」を数値化し、ゲームに落とし込んだ点は画期的だったのですが、通信対戦に人数分のソフトが必要だったこと、また当時は今ほど人狼ゲームが広く浸透していなかったことが原因で、対戦を楽しむハードルは相当高かったといえます。

 あれから12年。今回発売された「DEATH NOTE 人狼」は、1セットにつき最大6人がデスノートを巡る人狼ゲームに参加できます。キラとLが繰り広げたような、緊張感走る頭脳戦を楽しみたかった原作ファンには朗報といえるでしょう。CHOCOLATE GAMES公式ショップで、数量限定で販売中です。


DEATH NOTE 人狼

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる