ニュース
» 2019年09月27日 08時00分 公開

これがパトカーや消防車の“中身” 警察やレスキュー隊の間で装備品を並べる「テトリスチャレンジ」が流行(1/2 ページ)

整列が美しい。

[関口雄太,ねとらぼ]

 スイスのチューリッヒ州の警察署が、パトカーや警察ジャケット、そして警察官などを並べて上空から写した写真をFacebookに投稿し、それに影響を受けた消防隊が同じような構図で「テトリスチャレンジ」という言葉と共に画像を投稿すると、欧州中の救急隊の間でトレンドとなりました。普段は目にすることのない緊急車両の裏側を見ることができます。


「これがパトロール中のすべて」 レスキュー隊の間でテトリスチャレンジが流行に 並べ方にセンスを感じる(画像はFacebookより)

 トレンドのきっかけとなったのは、スイスのカントン警察によるFacebookの投稿です。「交通警察がパトロールする際の中身をすべてお見せします」という一言が添えられた一枚の写真には、二人の警察官と三角コーン、誘導棒やヘルメット、そしてパトカーなどが確認できます。各種アイテムがきれいに並びそろった写真は、3500を超える高評価が寄せられ、1000回以上シェアされました。

 カントン警察の投稿に続いたのは、スイス国内のトゥージス消防本部でした。「テトリスチャレンジとして受け入れました」というコメントとともに交通救助車の中身すべてを公開しています。ちなみに、写真に写っている隊員は3人ですが、通常は7人で出動するようです。



 この投稿は、スイス国内のレスキュー隊だけでなく欧州へ波及し、たくさんの消防署や警察署がテトリスチャレンジに参加しています。海外メディアによると、写真の人々は誰もが職務時間ではないことを明確に述べているとのこと。休憩時間などのちょっとした遊び心のようです。




 テトリスチャレンジはやがて、欧州を飛び出しました。シンガポール、メキシコ、台湾など欧州外の諸国にまで広がっていったのです。テトリスのブロックであればきれいにすべての段が消えてしまいそうなほど、どの写真もきちんと整列しています。Instagramの「#tetrischallenge」というハッシュタグでは、レスキュー車両やそこで働く人達を見ることができる興味深い写真が確認できます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声