ニュース
» 2019年09月27日 15時20分 公開

「バイバイン」の悪夢を藤子・F・不二雄ミュージアムのカフェで疑似体験 くりまんじゅうがおかわりするたび倍量に

くりまんじゅうが1000円で食べ放題。ただし、お残しとテイクアウトは不可、お茶のおかわりは有料と、ルールはだいぶシビアです。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 藤子・F・不二雄ミュージアム(神奈川県川崎市)のカフェ(要予約)に、10月1日から新メニュー「バイバインde無限∞くりまんじゅう」が登場します。要は1000円(税込)で食べ放題のくりまんじゅうなのですが、「バイバイン」要素のせいで不吉さしか感じない。


バイバイン おいしそうだけど不吉なビジュアル。原作の絵をフィーチャーしたカードと、ほうじ茶が付きます(カップは持ち帰れません)

 ひみつ道具「バイバイン」は、物体に1滴ふりかけると、その物体が5分おきに倍増する薬品(てんとう虫コミックス第17巻に登場)。作中ではのび太がオヤツのくりまんじゅうを増やすために使い、食べ切れずに放置してしまいます。くりまんじゅうが延々と増えていく可能性を示唆して終わったこのエピソードは、読者に恐怖心をもたらす一方、「放置されたくりまんじゅうは宇宙を埋め尽くし得るか?」といった考察を喚起するなど知的好奇心も刺激しました。


バイバイン 考えるほどに怖くなるエピソード

 このメニューを注文すると、くりまんじゅう1個とほうじ茶がセットで出てきます。おかわりを頼むとくりまんじゅうが2個、もう1度頼むと4個と、そのたびに倍量が提供。原作の嫌な部分の忠実な再現に感心させられます。


バイバイン おかわり2回目で累計7個。十分おなかいっぱいになりそうだし、それ以上は恐ろしくて考えたくない

 なお、ほうじ茶のおかわりは有料(150円)のため、基本料金だけでたくさん食べるのはだいぶ大変そう。お残しやテイクアウト、シェアも不可となっており、風呂敷に包んで宇宙へ打ち上げるわけにもいかないですから、挑戦する際は自信を持って食べられる量のおかわりを。

※藤子・F・不二雄ミュージアムは日時指定の完全予約制で、カフェの利用にもチケットが必要です
(C)Fujiko-Pro

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響