ニュース
» 2019年09月28日 15時00分 公開

猫が行方不明になったらどうする? 愛猫のもしものときを描いた漫画の“こうしておけばよかった”ポイントとは(1/2 ページ)

猫と暮らす毎日は、大変だけどいとおしい。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 猫と暮らす全ての人に読んで欲しい、“ねこのQOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)”を考えるアンソロジーコミック、『ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』。

 「子猫期」「成猫期」「老猫期」の全3章で構成されている本書には、外飼いと完全室内飼いどちらにするのか、去勢をするかどうか、フードの選び方やしつけの方法、病気やケガに関すること、老猫介護などさまざまな内容が詰め込まれています。


ねこといっしょ表紙 漫画家さんたちの実体験がぎっしり詰まっている一冊です

 「子猫期」に関することを紹介した第1章に続き、第2章となる「成猫期」では、1歳を過ぎた”成猫”たちのトラブルや病気に関する内容が取り上げられています。

 内容としては「室内飼いを選択した理由」「猫が迷子になったときのこと」「猫の知覚過敏症」「保護猫の闘病記」など、実際猫と暮らしてみないとわからないものばかりです。


「モモが行方不明」 猫が行方不明になってしまったら、どうしますか? 「モモが行方不明」三本一舞

 “猫が迷子になったときのこと”をテーマにした「モモが行方不明」(三本一舞)では、元ノラの子猫「モモ」が外飼いの時、そして完全室内飼いになった時の2回迷子になってしまった時のことが描かれています。

 その時飼い主さんがとった行動や、こうしておけば良かった……! と反省した点は覚えておくと役に立ちそうです。猫が迷子になった時のことを考えて、“連絡先を書いた首輪をつけておく”“特徴がわかる写真を撮っておく”などの対策を取っておくことの大切さがわかりますよ。


「窓際のクロ」宇仁田ゆみ 室内猫の暮らしと、飼い主さんが完全室内飼いを選択した理由 「窓際のクロ」宇仁田ゆみ

「ボン君は知覚過敏症」くらら ビビり猫だと思っていたら、実は知覚過敏症だった猫の話 「ボン君は知覚過敏症」くらら

「鶴亀日記」たむらあやこ 猫の生涯にはどれくらいの費用がかかる?保護猫2匹の闘病記 「鶴亀日記」たむらあやこ

「下僕ライフは大忙し!」清水めりぃ “猫と暮らすこと”は“猫を最優先する”ということ 「下僕ライフは大忙し!」清水めりぃ

「島のねこ、ウチのねこ」木月けいこ 自由気ままに見える島に住む猫“島猫”、でも実際のところは…… 「島のねこ、ウチのねこ」木月けいこ

「猫と震災と母親と」アベナオミ 震災などの緊急時に備えて、猫のためにできることを考える 「猫と震災と母親と」アベナオミ

 猫のライフステージやシチュエーションごとに、飼い主たちがどのような選択をして、どのような結果になったか―― 猫好き漫画家、総勢16人が描く『ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』(編著・ねこまき)は猫たちのかわいさに癒やされて、役にも立つ内容になっています。価格は650円(税別)、書店の他、電子書籍で販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響