ニュース
» 2019年09月28日 15時00分 公開

猫が行方不明になったらどうする? 愛猫のもしものときを描いた漫画の“こうしておけばよかった”ポイントとは (1/2)

猫と暮らす毎日は、大変だけどいとおしい。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 猫と暮らす全ての人に読んで欲しい、“ねこのQOL(クオリティ・オブ・ライフ/生活の質)”を考えるアンソロジーコミック、『ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』。

 「子猫期」「成猫期」「老猫期」の全3章で構成されている本書には、外飼いと完全室内飼いどちらにするのか、去勢をするかどうか、フードの選び方やしつけの方法、病気やケガに関すること、老猫介護などさまざまな内容が詰め込まれています。


ねこといっしょ表紙 漫画家さんたちの実体験がぎっしり詰まっている一冊です

 「子猫期」に関することを紹介した第1章に続き、第2章となる「成猫期」では、1歳を過ぎた”成猫”たちのトラブルや病気に関する内容が取り上げられています。

 内容としては「室内飼いを選択した理由」「猫が迷子になったときのこと」「猫の知覚過敏症」「保護猫の闘病記」など、実際猫と暮らしてみないとわからないものばかりです。


「モモが行方不明」 猫が行方不明になってしまったら、どうしますか? 「モモが行方不明」三本一舞

 “猫が迷子になったときのこと”をテーマにした「モモが行方不明」(三本一舞)では、元ノラの子猫「モモ」が外飼いの時、そして完全室内飼いになった時の2回迷子になってしまった時のことが描かれています。

 その時飼い主さんがとった行動や、こうしておけば良かった……! と反省した点は覚えておくと役に立ちそうです。猫が迷子になった時のことを考えて、“連絡先を書いた首輪をつけておく”“特徴がわかる写真を撮っておく”などの対策を取っておくことの大切さがわかりますよ。


「窓際のクロ」宇仁田ゆみ 室内猫の暮らしと、飼い主さんが完全室内飼いを選択した理由 「窓際のクロ」宇仁田ゆみ

「ボン君は知覚過敏症」くらら ビビり猫だと思っていたら、実は知覚過敏症だった猫の話 「ボン君は知覚過敏症」くらら

「鶴亀日記」たむらあやこ 猫の生涯にはどれくらいの費用がかかる?保護猫2匹の闘病記 「鶴亀日記」たむらあやこ

「下僕ライフは大忙し!」清水めりぃ “猫と暮らすこと”は“猫を最優先する”ということ 「下僕ライフは大忙し!」清水めりぃ

「島のねこ、ウチのねこ」木月けいこ 自由気ままに見える島に住む猫“島猫”、でも実際のところは…… 「島のねこ、ウチのねこ」木月けいこ

「猫と震災と母親と」アベナオミ 震災などの緊急時に備えて、猫のためにできることを考える 「猫と震災と母親と」アベナオミ

 猫のライフステージやシチュエーションごとに、飼い主たちがどのような選択をして、どのような結果になったか―― 猫好き漫画家、総勢16人が描く『ねこといっしょ ニャつらの傾向と対策』(編著・ねこまき)は猫たちのかわいさに癒やされて、役にも立つ内容になっています。価格は650円(税別)、書店の他、電子書籍で販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/13/news118.jpg “廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
  2. /nl/articles/2008/12/news118.jpg 「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
  3. /nl/articles/2008/12/news022.jpg レジ袋有料化でケーキ屋さんが心配していることは? 店員さんが描いた漫画に反響集まる
  4. /nl/articles/2008/12/news109.jpg トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
  5. /nl/articles/2008/13/news015.jpg 親とはぐれたウリ坊を保護→先住ワンコと超仲良しに! 寝転んでじゃれ合う姿に癒やされる
  6. /nl/articles/2008/13/news082.jpg 山奥に停まっていた古いクルマを覗いてみたら…… 意味が分かると後から「ひっ!!」となる漫画が怖い
  7. /nl/articles/2008/13/news010.jpg 憧れのゲーム会社に入社した女の子が社畜の道へ…… ところどころ実話な漫画『ますたーあっぷ!』に震える
  8. /nl/articles/2008/12/news024.jpg 「あるある」「何度同じことやられたか」 実家の猫の謎行動を描いた漫画に共感の嵐
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2008/12/news003.jpg 「ラッシー飲んでから行かないくていいノ!?」 インドカレー屋で超ラッシー好き認定されていた漫画に笑いとほっこり