ニュース
» 2019年09月28日 20時00分 公開

飼い主死亡で放置され…… 約4キロの毛をまとったワンコが保護されてスッキリきれいに大変身

ペットがいる人は万が一の事態に備えておいて。

[春夏冬つかさ,ねとらぼ]

 約4キロの毛をまとい、動けなくなっていたワンコ。保護団体によりスッキリとトリミングされた姿がFacebookで公開されました(※ここから先、少々不衛生な写真が続きます)。



 ワンコの名前はEllie Mae(エリー・メイ)。飼い主が亡くなってしまい、誰も世話をする人がおらず、周囲は亡くなった飼い主が犬を飼っていたことを知らなかったため、誰もこの子の存在に気が付かなかったそうです。

 飼い主の家を掃除するために訪れた人々がエリーを発見した頃には、毛も爪も伸び放題で、歩くこともできなくなっていました。どのくらいの期間そうしていたのか、エサはどうしていたのかなど、詳細は書かれていませんが、苦しい日々を送っていたことは容易に想像がつきます。


毛だらけの犬 これじゃあ動けないよね……

 まず、エリーに麻酔をかけて、酸素を送り込むための気管チューブをつなぎます。そして、ハサミと爪切りで慎重にカット。毛の下にどんなワンコがいるのか、医療チームは想像もつかなかったといいます。


毛だらけの犬 どうか元気になって!

 医療チームは、エリーの足も心配でした。以前に同じようなケースを担当したとき、毛が足に絡まって血流を止めていたため、足を切断せざるを得ないということがあったからです。そのときのケースより、エリーはもっと悪い状態に見えたといいます。しかし、医療チームが丁寧に毛をカットしていくと、その下には血流のいい足が見えました!

 医療チームの努力のかいあって、1時間後には4キロの毛がカットされ、もとのかわいい小型犬・エリーが顔を出しました。その後、片足が感染症になっていたため手術を行い、歯科治療、さらなる感染を防ぐための抗生物質投与など、全力を尽くしました。心配していた足も4本とも無事です。なんと5時間後には、少しつまずきながらも外を歩くエリーの姿が見られました。


毛だらけの犬 これが約4キロの毛!

毛だらけの犬 こんなに小さくてかわいいワンコだったなんて

 そして2週間後、探検好きなエリーは、周囲に愛嬌を振りまきながら、俊敏に動き回ったり毛布の中で丸くなったりと、とても幸せそうに暮らしています。


毛だらけの犬 元気になってよかったね

春夏冬つかさ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた