ニュース
» 2019年10月01日 18時00分 公開

「かわいい空間で絶叫してほしい」サンリオピューロランドのガチすぎるホラーアトラクションについて聞いてみた

相反するかわいい+ホラーには理由があった。

[水田眞子,ねとらぼ]

 現在、サンリオピューロランドで、年齢制限付きの”ガチ”なホラーアトラクションが登場しています。

 ピューロランドといえば、ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターのかわいいテーマパークというイメージですが、開催中の秋のスペシャルイベント「PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~」はハロウィーンをテーマにし、ピューロランド内に悲鳴が響くようなホラーアトラクションが生まれているのです。なぜピューロでガチホラー? 担当者に聞きました。

ピューロハロウィン 仮面をつけたキティちゃんはなんだかレアな装いです
ピューロハロウィン 手袋がドレッシーなマイメロディ

悲鳴が響きわたるピューロランド

 「PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~」は、仮面をキーアイテムにしたハロウィーンイベント。ハローキティやマイメロディも、ヴェネツィアンカーニバルを思わせる衣装でドレスアップしています。黒でまとめた衣装は少しゴシックロリータ風でもあり、かわいくもクールなイメージが新鮮です。

ピューロハロウィン 10歳未満は利用不可の年齢制限付きアトラクション「ゴーストピエロ マスカレードシアター」

 このイベントは時間帯によって「DAY」と「NIGHT」の2パートに分かれており、昼はピューロランドらしいかわいい仮面パーティー、夜はホラー要素を追加した”怖美しい”マスカレードパーティーが楽しめるとのこと。

 「NIGHT」パートで注目なのは、ディスカバリーシアターで上演される「ゴーストピエロ マスカレードシアター」。全国各地のお化け屋敷のプロデュースを手がけるホラーのプロ集団・オバケンとコラボレーションしたアトラクションです。

 この「ゴーストピエロ マスカレードシアター」、座って鑑賞するシアタータイプのアトラクションなのですが、実際の体験時には実際にシアターのあちこちから悲鳴が上がりまくるなど、「ピューロランド史上最恐」コンテンツの名に違わぬクオリティで怖がらせにくる”本気”の仕上がり。キティちゃん助けて……普段のかわいさとのコントラストがすごいよ……。

ピューロハロウィン 「ゴーストピエロ マスカレードシアター」はマスクをつけて鑑賞します。狭くなった視野が怖さを倍増させることに……

 ピューロランドでは5年前からこれらのホラーコンテンツを導入しており、ハロウィン以外にも単発のホラーイベント「ポムポムプリンゾンビランド」が企画されるなど人気を集めています。

ピューロランドがホラーに染まった2つの理由

 かわいくてメルヘンなピューロランドの世界と一見正反対に見えるホラーを導入したのは、どのようなきっかけだったのでしょうか。ピューロランドの広報担当者に聞いてみました。

 ホラーコンテンツを開発・導入した理由は大きく2つ。「1つめは、新しいマーケット=大人向けの話題作りをしたかったため。2つめは、ホラーコンテンツを導入した当時(5年前)、来園者のニーズを考えると、今後トレンドとしてホラーコンテンツが必要なのではと感じたため」とのことでした。

 近年サンリオピューロランドでは、これまでのメイン層だったファミリーに加え、女子高生や大学生・OLなどの女性のお客様が増えており、子供を中心に作っていたコンテンツを、もっと上の年齢層にも受け入れられ、そして楽しめるようにする必要が生まれたといいます。

 筆者は以前からピューロランドに通っている20代ですが、確かにこれまでもショーやパレードなどを中心に、大人でも楽しめる音楽や衣装・ストーリーのコンテンツを提供してはいたものの、大人にはスリルなどの刺激が足りないのもまた事実であったように思います。

ピューロハロウィン 観客に語りかけるゴーストピエロ。ピエロってだけでもう怖い

 また、ホラーコンテンツの開発担当者からは「サンリオピューロランドには絶叫マシーンがないので、サンリオピューロランドというKAWAII空間の中で、絶叫して欲しいとも思っていました」という意見も。

 雨が降っても楽しめる屋内テーマパークであるピューロランドは、それゆえに用地が限られており、大型の機械などを導入するのが難しい環境です。その中で、既存のシアターやアトラクションを利用できるホラーコンテンツは、大人向けに足りなかった刺激の部分を上手に補う逆転の発想と言えるでしょう。実際に、「昨今、大人の方でも楽しんでいただけるようなコンテンツを多数導入しているなかで、ホラーイベントの開催も大人の方の取り込みに貢献できた」と話します。

ピューロハロウィン 捕らわれたホラードールが動き出す「ホラードールハウス」

 大人だけどホラーが苦手……という人も大丈夫。今年のピューロランドのハロウィーンは、“仮面をつけて身を隠したゴーストがピューロランドに潜んでいる”というコンセプト。今年は新たに「“映える”写真が撮れて奇妙な体験もできる、美しさを感じられるホラーというトレンドを取り入れた」というアトラクション「ホラードールハウス(休日限定)」も追加されました。思いっきり絶叫したい人は「ゴーストピエロ マスカレードシアター」に、ホラーは苦手だけど挑戦してみたいという人は「ホラードールハウス」にと、より多くの人がホラーを楽しめるイベントになっているように感じました。

ピューロハロウィン 仮面パーツがついたぬいぐるみマスコット。いろいろ遊べそう
ピューロハロウィン ハロウィンらしいフードもかわいい
ピューロハロウィン キーアイテムの仮面もグッズに。パレードや写真撮影がより楽しめます

 ホラーだけではなく、もちろんかわいい新要素も。ハローキティやマイメロディなどおなじみのサンリオキャラクターが登場する参加型パレード「ハロウィンパーティ 〜バルマスケ アンソルスラン〜」も今年新たに登場したコンテンツです。そのほか、ブラック&パープルを基調とした限定フードも登場するなど、かわいいとホラーの両方で、ハロウィンを満喫できそうです。

PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~ 特設サイト

https://www.puroland.jp/2019_halloween/

サンリオピューロランド 公式サイト

https://www.puroland.jp/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  7. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  8. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  9. /nl/articles/2108/04/news086.jpg パパから5歳娘へ「もし車に閉じ込められたら、クラクションを鳴らして」 注意喚起する漫画に「目からウロコ」「早速教えます」の声
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する