ニュース
» 2019年10月01日 18時00分 公開

「かわいい空間で絶叫してほしい」サンリオピューロランドのガチすぎるホラーアトラクションについて聞いてみた

相反するかわいい+ホラーには理由があった。

[水田眞子,ねとらぼ]

 現在、サンリオピューロランドで、年齢制限付きの”ガチ”なホラーアトラクションが登場しています。

 ピューロランドといえば、ハローキティをはじめとするサンリオキャラクターのかわいいテーマパークというイメージですが、開催中の秋のスペシャルイベント「PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~」はハロウィーンをテーマにし、ピューロランド内に悲鳴が響くようなホラーアトラクションが生まれているのです。なぜピューロでガチホラー? 担当者に聞きました。

ピューロハロウィン 仮面をつけたキティちゃんはなんだかレアな装いです
ピューロハロウィン 手袋がドレッシーなマイメロディ

悲鳴が響きわたるピューロランド

 「PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~」は、仮面をキーアイテムにしたハロウィーンイベント。ハローキティやマイメロディも、ヴェネツィアンカーニバルを思わせる衣装でドレスアップしています。黒でまとめた衣装は少しゴシックロリータ風でもあり、かわいくもクールなイメージが新鮮です。

ピューロハロウィン 10歳未満は利用不可の年齢制限付きアトラクション「ゴーストピエロ マスカレードシアター」

 このイベントは時間帯によって「DAY」と「NIGHT」の2パートに分かれており、昼はピューロランドらしいかわいい仮面パーティー、夜はホラー要素を追加した”怖美しい”マスカレードパーティーが楽しめるとのこと。

 「NIGHT」パートで注目なのは、ディスカバリーシアターで上演される「ゴーストピエロ マスカレードシアター」。全国各地のお化け屋敷のプロデュースを手がけるホラーのプロ集団・オバケンとコラボレーションしたアトラクションです。

 この「ゴーストピエロ マスカレードシアター」、座って鑑賞するシアタータイプのアトラクションなのですが、実際の体験時には実際にシアターのあちこちから悲鳴が上がりまくるなど、「ピューロランド史上最恐」コンテンツの名に違わぬクオリティで怖がらせにくる”本気”の仕上がり。キティちゃん助けて……普段のかわいさとのコントラストがすごいよ……。

ピューロハロウィン 「ゴーストピエロ マスカレードシアター」はマスクをつけて鑑賞します。狭くなった視野が怖さを倍増させることに……

 ピューロランドでは5年前からこれらのホラーコンテンツを導入しており、ハロウィン以外にも単発のホラーイベント「ポムポムプリンゾンビランド」が企画されるなど人気を集めています。

ピューロランドがホラーに染まった2つの理由

 かわいくてメルヘンなピューロランドの世界と一見正反対に見えるホラーを導入したのは、どのようなきっかけだったのでしょうか。ピューロランドの広報担当者に聞いてみました。

 ホラーコンテンツを開発・導入した理由は大きく2つ。「1つめは、新しいマーケット=大人向けの話題作りをしたかったため。2つめは、ホラーコンテンツを導入した当時(5年前)、来園者のニーズを考えると、今後トレンドとしてホラーコンテンツが必要なのではと感じたため」とのことでした。

 近年サンリオピューロランドでは、これまでのメイン層だったファミリーに加え、女子高生や大学生・OLなどの女性のお客様が増えており、子供を中心に作っていたコンテンツを、もっと上の年齢層にも受け入れられ、そして楽しめるようにする必要が生まれたといいます。

 筆者は以前からピューロランドに通っている20代ですが、確かにこれまでもショーやパレードなどを中心に、大人でも楽しめる音楽や衣装・ストーリーのコンテンツを提供してはいたものの、大人にはスリルなどの刺激が足りないのもまた事実であったように思います。

ピューロハロウィン 観客に語りかけるゴーストピエロ。ピエロってだけでもう怖い

 また、ホラーコンテンツの開発担当者からは「サンリオピューロランドには絶叫マシーンがないので、サンリオピューロランドというKAWAII空間の中で、絶叫して欲しいとも思っていました」という意見も。

 雨が降っても楽しめる屋内テーマパークであるピューロランドは、それゆえに用地が限られており、大型の機械などを導入するのが難しい環境です。その中で、既存のシアターやアトラクションを利用できるホラーコンテンツは、大人向けに足りなかった刺激の部分を上手に補う逆転の発想と言えるでしょう。実際に、「昨今、大人の方でも楽しんでいただけるようなコンテンツを多数導入しているなかで、ホラーイベントの開催も大人の方の取り込みに貢献できた」と話します。

ピューロハロウィン 捕らわれたホラードールが動き出す「ホラードールハウス」

 大人だけどホラーが苦手……という人も大丈夫。今年のピューロランドのハロウィーンは、“仮面をつけて身を隠したゴーストがピューロランドに潜んでいる”というコンセプト。今年は新たに「“映える”写真が撮れて奇妙な体験もできる、美しさを感じられるホラーというトレンドを取り入れた」というアトラクション「ホラードールハウス(休日限定)」も追加されました。思いっきり絶叫したい人は「ゴーストピエロ マスカレードシアター」に、ホラーは苦手だけど挑戦してみたいという人は「ホラードールハウス」にと、より多くの人がホラーを楽しめるイベントになっているように感じました。

ピューロハロウィン 仮面パーツがついたぬいぐるみマスコット。いろいろ遊べそう
ピューロハロウィン ハロウィンらしいフードもかわいい
ピューロハロウィン キーアイテムの仮面もグッズに。パレードや写真撮影がより楽しめます

 ホラーだけではなく、もちろんかわいい新要素も。ハローキティやマイメロディなどおなじみのサンリオキャラクターが登場する参加型パレード「ハロウィンパーティ 〜バルマスケ アンソルスラン〜」も今年新たに登場したコンテンツです。そのほか、ブラック&パープルを基調とした限定フードも登場するなど、かわいいとホラーの両方で、ハロウィンを満喫できそうです。

PURO HALLOWEEN PARTY ~KAWAII MASQUERADE~ 特設サイト

https://www.puroland.jp/2019_halloween/

サンリオピューロランド 公式サイト

https://www.puroland.jp/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」