ニュース
» 2019年10月01日 15時20分 公開

「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る

AIが執筆した漫画は2020年公開予定。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出そうとするプロジェクト「TEZUKA2020」が発表されました。

 プロジェクトをけん引するのは、フラッシュメモリの技術を開発したキオクシア(旧:東芝メモリ)。AIによる作品の発表は2020年2月を予定しています。


TEZUKA2020


 10月1日付で東芝メモリから社名を変更したキオクシアは、新たなスタートに伴い、記憶で世界を面白くする「♯世界新記憶」プロジェクトを始動。その第1弾として開発されるのが、AI技術を駆使して手塚治虫の新作漫画を生み出す「TEZUKA2020」です。

 「キオクシア」という社名は、日本語の「記憶」と、ギリシャ語で「価値」を意味する「axia(アクシア)」を掛け合わせた造語。単なるデータの集積である「記録」から、人々を夢中にさせる「記憶」に研究領域を広げ、世界を変える新しい価値を創り出していくといいます。

TEZUKA2020

 漫画の発表は2020年を予定。果たして「漫画の神様」をAIに降ろすことはできるのか。注目です。

TEZUKA2020

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.