ニュース
» 2019年10月01日 15時20分 公開

「手塚治虫AI」爆誕! 漫画の神様が「TEZUKA2020」として現代に蘇る

AIが執筆した漫画は2020年公開予定。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 「漫画の神様」こと手塚治虫の新作をAI技術で生み出そうとするプロジェクト「TEZUKA2020」が発表されました。

 プロジェクトをけん引するのは、フラッシュメモリの技術を開発したキオクシア(旧:東芝メモリ)。AIによる作品の発表は2020年2月を予定しています。


TEZUKA2020

動画が取得できませんでした

 10月1日付で東芝メモリから社名を変更したキオクシアは、新たなスタートに伴い、記憶で世界を面白くする「♯世界新記憶」プロジェクトを始動。その第1弾として開発されるのが、AI技術を駆使して手塚治虫の新作漫画を生み出す「TEZUKA2020」です。

 「キオクシア」という社名は、日本語の「記憶」と、ギリシャ語で「価値」を意味する「axia(アクシア)」を掛け合わせた造語。単なるデータの集積である「記録」から、人々を夢中にさせる「記憶」に研究領域を広げ、世界を変える新しい価値を創り出していくといいます。

TEZUKA2020

 漫画の発表は2020年を予定。果たして「漫画の神様」をAIに降ろすことはできるのか。注目です。

TEZUKA2020

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」