「人生に必要なのはケシゴム」 大好きな祖父の遺した言葉が描き続ける勇気をくれる漫画が感動的(1/2 ページ)

ケシゴムはあって当たり前、けどそこになかったら大変なプレッシャー。

» 2019年10月03日 19時30分 公開
[きんじょうめぐねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 慕っていたおじいちゃんが遺した言葉「人生にはケシゴムが必要」に背中を押される漫画が、多くの感動を呼んでいます。ここでいう“ケシゴム”とは、人生を消して書き直せるという意味とは少し違っています。

 タカシくんは漫画家になりたいと考えていますが、親戚には馬鹿にされ、親からは漫画家になるなんてバクチを打つようなことは間違ったことだと反対されています。しかし亡くなったおじいちゃんは違いました。おじいちゃんはいつもタカシくんに優しくて、漫画を描きたいと思ったのもおじいちゃんの影響からでした。

 タカシくんには子どものころから怖いものがたくさんありました。学校、両親、そして横断歩道。横断歩道のすき間にはワニがいるような気がして怖かったのです。おじいちゃんはタカシくんを背負いながら横断歩道を渡り、「おもしろいこと思いつくなぁ」と否定することもなく受け入れてくれたのでした。

hagashoichi 生き方 応援 馬鹿にしたり、頭ごなしに怒ったりもしないおじいちゃんでした

 「じいちゃんのいない世界なんておそろしくてやっていけないよ」……おじいちゃんがいつかいなくなってしまう心細さを漏らすと、おじいちゃんはタカシくんを励ます言葉をくれました。「人生にはケシゴムが必要なんだ……。ケシゴムの本当の役割は間違いを消すことじゃなくて、間違えたっていいんだよって安心させることだ」

 人生におけるケシゴムとは〈僕がついているから、思いきり人生を走れば良い〉と安心させてくれる存在のこと。タカシくんにとってのケシゴムは、いつも味方でいてくれたおじいちゃんだったのでした。

hagashoichi 生き方 応援 えんぴつの隣に常にあるケシゴムのように……

 間違っても大丈夫、思う通りに生きれば良いと励ましてくれる漫画には、読者から「じんわり感動させてくれる温かい話」「私は誰かのケシゴムになれるかな」「もっと早くこの作品に出会いたかった」など、感動したというリプライが続いています。

 作者は『漫画 君たちはどう生きるか』などを手掛けた漫画家の羽賀翔一(@hagashoichi)さん。この漫画は2014年に発売された短編集『ケシゴムライフ』の収録作品「横断歩道のすき間」です。同書はタカシくんと友達のお話なども収録されており、現在マンガZEROで全編無料配信中です。

「横断歩道のすき間」

hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
hagashoichi 生き方 応援
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評