ニュース
» 2019年10月02日 18時00分 公開

病を抱えた野良ネコの家族を路上生活から無事に保護 悲しい知らせがあったものの、残りの猫たちは元気に

保護されなければ、子猫たち全員の命も危なかったかもしれません。

[かのん,ねとらぼ]

 米カリフォルニア州ロサンゼルスで活動する動物保護団体「Hope For Paws」が、母猫と病気の子猫を救助する様子をYouTubeの公式チャンネルで公開。200万回を超える再生数となっています。


野良生活から無事に保護された猫の家族

 家の裏庭に野良の母猫と子猫がいるとの通報を受けた「Hope For Paws」の職員たち。通報主のお宅へ向かい、裏庭を歩くと、職員を怖がり走り去る子猫と、様子を見ている母猫の姿を発見しました。

 エサを持ちながら猫たちに近づきますが、やはりおびえて隅の方に逃げていってしまいます。それでも何とかエサに寄ってきた子猫は保護、しかし母猫には逃げられてしまいました。


猫 警戒する母猫と、足にトラブルを抱えた子猫

 保護した子猫は、小脳形成不全による奇形性疾患を患っており、命にかかわることはないのですが、歩くのがスムーズにいかない様子……。ひとまず子猫を施設に連れ帰り、エルトンという名前を付け、適切なケアを施します。

 実は通報主は3週間前に他の子猫たちを保護、その子たちも「Hope For Paws」が引き受けたのですが、そのうちの1匹も奇形性疾患でした……。


猫 先に保護された子猫3匹(ジャニス、エリック、ジミ)と、エルトン

 1週間後、母猫と残りの子猫を保護するためまた現場を訪れた職員。すると母猫たちは通報者のアパートの敷地内に入ってきていました。まずは子猫に近づいてエサをあげ、寄ってきたところをキャッチしてケージへ。そしてソファの下にいた母猫も無事に保護することができました。

 しかし悲しいことに保護した子猫は伝染性の腹膜炎と診断され、有効な治療法のない病のため安楽死という選択をとることに……。スティービーと名付けられたこの子猫の冥福を心から祈りたいと思います。

 幸い、残りの子猫たちは健康に問題はなく、新しいお家を探すための準備をしています。

 カリフォルニアにある猫の保護施設「Kitty Bungalow」で新しい家族を待ちながら元気に過ごす猫たち。あのまま野良でいたら……病気や空腹、ケガの危険にさらされて、今のようなあたたかい生活はできていなかったでしょう。次はすてきな家族が見つかり、スティービーの分も幸せに暮らしていけることを願っています。


猫 みんなそろって元気でほっとします

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」