ニュース
» 2019年10月02日 13時36分 公開

『名探偵コナン』警察学校組のスピンオフが連載開始 青春すぎてまぶしい完全新作ストーリー

松田の声が聴ける告知PVも公開中!

[小林夏帆,ねとらぼ]

 10月2日発売の漫画誌・週刊少年サンデー44号で、人気漫画『名探偵コナン』のスピンオフ「名探偵コナン 警察学校編 Wild Police Story」がスタートしました。人気キャラクターのエピソードが描かれる、ファンにはたまらない完全新作のストーリーです。

名探偵コナン警察学校編 セピア調の絵なのに鮮やかに感じる「若さ」

 警察学校を舞台に、降谷零、松田陣平、萩原研二、伊達航、諸伏景光の5人の若かりし頃の物語が描かれる本作。原作は青山剛昌、作画は『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』の新井隆広が務めます。

名探偵コナン警察学校編 どのページも青春の1シーンって尊すぎませんか
名探偵コナン警察学校編 原作・青山先生による美麗イラスト

 公開された冒頭のカラーページでは「驚いたな…僕の拳を食らって…立っているやつがいるとは…」「へっ、そいつはこっちの台詞だぜ…パツキン野郎!!」という熱いセリフとともに、松田と降谷が拳を交える汗臭くもさわやかなシーンが描かれており、彼らの青春物語に期待が高まります。週刊少年サンデー44号に掲載されるのは、第1弾となる松田編。44〜46号にかけて、3週連続で掲載されます。その後のエピソードは、週刊少年サンデーにて不定期掲載予定です。

 また、同号から原作・青山剛昌が描く警察学校編ビジュアルの複製原画の応募者全員サービスも開始。ブルーのワントーンで描かれたイラストは、風呂掃除中に眠ってしまった4人と、それをみつめる降谷のまなざしに物語を感じる1枚です。

 連載開始に合わせて、同作の告知PVも解禁されました。PVでは、TVアニメで松田の声優を務める神奈延年が、警察学校時代の松田を演じており、こちらも必聴です。

名探偵コナン警察学校編 サンデーうぇぶりで使える松田アイコン
名探偵コナン警察学校編 雑誌購入者にプレゼントされます

 小学館のアプリ・サンデーうぇぶりでは、週刊少年サンデー44号の購入者と、週刊少年サンデーの定期購読申込者向けに、アプリ内のコメント欄で使用できる限定「松田アイコン」のプレゼントキャンペーンも行っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.