ニュース
» 2019年10月03日 19時30分 公開

ディズニーランドのハロウィーンをとことん楽しむ! パレード&デコレーションの見どころを紹介(1/2 ページ)

ゴーストの世界に入ったみたい。

[あかいけまい,ねとらぼ]

 東京ディズニーランドの秋のスペシャルイベント“ディズニー・ハロウィーン”が開催中! パークのあちらこちらでゴーストたちがパークを楽しんでいます。“ゴースト流の東京ディズニーランド”をテーマに奇妙で魅力的な祭典を盛り上げる「スプーキー“Boo!”パレード」や、夜のワールドバザールの光と音楽の演出など期間限定のエンターテイメントが盛りだくさんです。

ディズニーランドショー 東京ディズニーランドの“ディズニー・ハロウィーン”2019がスタート

ゴーストされちゃう!「スプーキー“Boo!”パレード」

 ハロウィーンパレードは2018年に引き続き、「スプーキー“Boo!”パレード」。ゴーストたちが、奇妙で魅力的な“ゴースト流の東京ディズニーランド”にミッキーマウスや仲間たちとゲストを招待するという、ワクワク&ちょっぴりゾクゾクなパレードです。

 初登場の2018年から大変人気で、「1年間待ってました!!」と熱狂するゲストも……! 今年はさらに演出がボリュームアップしているので、「去年もう見たなあ」という人も楽しめます。

ディズニーランドショー スプーキー“Boo!”パレードへようこそ!

 パレードはホーンテッドマンション横からスタート。ホーンテッドマンションと言えば999人の幽霊たちの暮らす館です。もしや、このパレードには館に暮らす幽霊も混じって参加しているのかも……? ハロウィーンにはそんな想像もできるのがいいですね。

ディズニーランドショー ゴースト鉄道でやってくるマックスたち

 先頭のフロートはスケルトンが運行するウエスタンリバー鉄道をイメージしています。マックスが先頭車に乗って登場。後ろのはヒューイ、デューイ、ルーイが無邪気に乗っています。後方にはクララベル・カウとその恋人ホーレス・ホースカラーが乗っています。

ディズニーランドショー ヒューイ、デューイ、ルーイ

 フロートの間にはガイコツなダンサーがパーク内にあるフードやお土産のワゴンを押しています。ドリンクやポップコーンなどさまざまなワゴンですが、全てゴースト仕様になっています。

ディズニーランドショー バルーンショップでしょうか?
ディズニーランドショー フレッシュドリンク……じゃない!
ディズニーランドショー ポップボーン!

 2番目はグーフィーとプルートが乗るアドベンチャーランドをイメージしたフロートです。スプーキークルーズへようこそ! とジャングルクルーズがイメージされています。

 楽しそう! とはしゃぐグーフィーに「今さらコースを変えようったって間に合わないぜ! この先にはゴーストたちがてぐすね引いて待ってるぜ!」と“あの”アトラクションで聞いたようなせりふが聞こえてきます。フロートの上には巨大な蛇や奇妙な鳥たちが集います。

ディズニーランドショー 船の形がジャングルクルーズだけど……!
ディズニーランドショー プルートのまわりは財宝がいっぱい! カリブの海賊でしょうか?

 「ゴーストになるまで帰れませんぞ〜!アハ、アハ、アハ」と奇妙な笑い声と不気味なアナウンスにゾクゾクしているとミッキーマウスのフロートがやってきます。シンデレラ城なのに周りはお墓だらけ……!

ディズニーランドショー 騎士風ダンサーと一緒にBoo!
ディズニーランドショー ゴーストがアイスを食べたり、todayを読んだり楽しんでいます
ディズニーランドショー ゴースト仕様のシンデレラ城

 軽快な音楽にのって、黒い木馬やかぼちゃのティーカップが回るフロートはファンタジーランドイメージです。ミニーマウスとクラリスが前後に乗っています。

 「こんなに楽しいならゴーストになってもいいわね」「ゴーストになりたいわぁ〜ウフフフ」と話していますが、これは本当の会話でしょうか……? それぞれのキャラクターの動きに注目です。

ディズニーランドショー クラシカルなワンピースのミニーマウス
ディズニーランドショー フロートは黒い回転木馬とかぼちゃのティーカップ
ディズニーランドショー ブルーとパープルのドレスがすてきなクラリス

 ドナルドダックとデイジーダックは奇妙なクマたちが船上でコンサートを行うカントリーベア・シアターと蒸気船マークトウェイン号をイメージしたフロートで登場します。「一緒に歌いましょう」とデイジーダックが誘います。

ディズニーランドショー 水しぶきをあげて進む船のようなフロート
ディズニーランドショー デイジーダックのゴーストポーズ

 チップとデールはクリッターカントリーイメージのフロートに乗っています。「すごく怖い」「帰りたいー!」と言っていたのに、後ろのかぼちゃのダンサーの不審な動きの次の瞬間には「楽しいねぇ」と笑っています。ゴーストに操られちゃったのでしょうか……!?

ディズニーランドショー 怖いけど楽しくなっちゃう!

 フロートが停止すると、ゴーストのダンサーがそれぞれのフロートの周りに登場します。探検家、鳥の巣を頭に乗せたマダム、カラス、猫、騎士、かぼちゃなどフロートの雰囲気に合うダンサーたちにも注目です。「まずはお前たち!楽しい仲間からゴーストになってもらいますぞー!」の掛け声がかかると、ディズニーキャラクターたちのコスチュームがゴースト仕様に早変わり! パレードの前後で衣装が変わる珍しい演出です。

ディズニーランドショー 衣装チェンジすると胸に骨のデザインが!
ディズニーランドショー ミニーマウスもゴースト衣装に!

 ゴーストたちは、ゲストにもゴーストの仲間入りをするように誘います。すでにゴーストになってしまったミッキーマウスや仲間たちも一体となってゴーストダンスを繰り返します(このゴーストダンスは、パレード開始前に練習タイムがあります)。

 ダンスの最後は静かにピタッと停止しなければなりませんが、失敗するとゴーストたちからブーイングが飛んできます。ミッキーマウスや仲間たちが地団太(じだんだ)を踏んだり、ブーイングポーズであおってくる姿がキュートです。

ディズニーランドショー ガイコツダンサーはコミカルでかわいい
ディズニーランドショー ピタッと止まって!!
ディズニーランドショー 失敗すると一斉にブーイングされちゃう
ディズニーランドショー 成功させてお祝いしよう

 ゴーストダンスが成功すると、フロートからカラフルなゴーストたちが喜びながら飛び出し、ゲストのゴースト入りをお祝いします。とうとうゴーストの世界に入ってしまった……とゾッとしながらも、奇妙で魅力的なハロウィーンの祭典です。

ディズニーランドショー ゴーストの世界で楽しく踊れるパレードです

公演場所:パレードルート

公演時間:約40分(1日2回)

抽選:一部鑑賞エリアあり


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」