ニュース
» 2019年10月05日 22時00分 公開

「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」 “魂のこもった猫動画”を投稿し続けるCaTuberとは (1/2)

動画が増えるのが楽しみです。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」―― そんな決意でスタートしたYouTubeチャンネル「CaTuber猫たかDチャンネル」。「中途半端に生きてきた」と語る猫たかDさんはなぜ猫を撮り始めたのか、お話を伺いました。


猫たかDさんが投稿している猫動画

YouTubeを始めたきっかけ

 8年間勤めた会社を2019年6月に退職したばかりの猫たかDさん。大学卒業後、1年ほどカメラマンとして働いていましたが退職してからもカメラマンを諦められず、結婚式などの撮影の仕事をしていました。それだけでは生活できず契約社員の仕事をスタート。平日は安定した収入の工場勤務、休日はカメラマンというダブルワークをこなします。



 撮影のない週末は休日出勤で収入が得られて時給も徐々にアップしていく工場勤務。猫たかDさんは「今でもこの働き方は理想的なんじゃないかと思う」と語ります。入社して数カ月たった頃、一緒に働く30代、40代の先輩に「やりたいことがあるなら早く次の所へ行った方がいい」とすすめられた猫たかDさん。自分の中にも「ずっと何かに挑戦したい」という気持ちがあったといいます。



 そんなタイミングで職場の上司が交代。新しい上司は人がいる前で怒鳴り散らすような人でした。社員や派遣社員が次々に辞めていく中でターゲットになってしまった猫たかDさん。車のローンが終わるなどの諸条件が整ったので退職を決意します。



 仕事を辞めた猫たかDさんは好きなこと(=野良猫の撮影)に挑戦することに。実は10年以上前から野良猫の撮影をしており「世界中の猫を撮って残りの人生を過ごせたらどんなに幸せだろうか」と思っていたそうです。

 そうして“CaTuber”として「経済的に破綻するまでYouTubeに挑戦する」ことを決意し、活動を始めた猫たかDさん。YouTubeチャンネルに“魂のこもった猫動画”をほぼ毎日投稿しています。

 撮影場所は海沿いや漁港、さくらねこや地域猫がいる所。登場する猫たちはみんな自然体で、映像もきれいです。撮影のコツを伺ったところ、「逃げる猫か逃げない猫かを見極めて低姿勢で近づいていってプレッシャーを与えないこと」とのお答えが。その“見極め”が難しそうです。





 Twitter(@neko_takad)やInstagram(neko_takad)、ナレーション入りの動画にも挑戦している猫たかDさん。今後は日本全国をまわって野良猫撮影をしたい、世界中を歩いて猫を撮影したいという目標も教えてくれました。


動画が取得できませんでした
ナレーション入りの動画「無職おっさんの猫散歩」

CaTuber猫たかDさん 猫の視線で撮影をしています

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」