ニュース
» 2019年10月04日 09時00分 公開

カードゲーム「UNO」に点字バージョン登場 米国で発売

ルールは基本的に通常通りですが、「カードチェック」と宣言することで、他プレイヤーの手札数をチェックできます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 カードゲーム「UNO」の点字バージョン、「UNO Braille」が発表されました。米国で10月6日(現地時間)より、9.99ドル(約1070円)で発売。メーカー指定のショッピングサイトでは予約分が完売しています。


UNO Braille パッケージの点字は、公式サイトへの案内

UNO Braille 手札も場札も指でチェック。他プレイヤーの手札数は、「カードチェック」を宣言すると確認できます

 メーカーのMattelが、全米視覚障害者連合(NFB)の協力を受けて開発。カードの隅に振られた点字で、プレイヤーは手札や場札を識別できます。「青の1」は「b(blue)1」、「赤のリバース」は「rrv(red reverse)」、「ワイルドドロー4」は「wi(wild)4」などと、内容は略号で示されます。


UNO Braille 点字は左上と右下に対称で配されている

 説明書も従来のテキスト版に加え、点字版を用意。AlexaかGoogleアシスタントに「launch UNO Braille」と言うことで、ルールを読み上げてもらうこともできます。なお、基本ルールは通常のUNOと同様ですが、プレイヤーは「カードチェック」を宣言することで、他プレイヤーの手札数を確認できる点が異なります。


UNO Braille 点字版の説明書

 NFBの会長はUNO Brailleについて、「UNOを遊びやすくするだけでなく、点字の重要性を広めるうえでも役立つ」とコメントしました。なお、2017年には、色覚障害者向けバージョンが発売されています(関連記事)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.