ニュース
» 2019年10月04日 18時33分 公開

「ドラクエ11S」のネタバレ配信にスクエニが注意喚起 度を過ぎているものには対処も

エンディングおよびボイスドラマ部分は録画等を禁止と、あらためて明言しました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 スクウェア・エニックスが、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」(Nintendo Switch)について、ガイドラインに反したネタバレなどのプレイ配信があるとして、注意喚起しています。


DQ11

DQ11 同作はプレイステーション 4とニンテンドー3DSで出ていた「ドラクエ11」の、Nintendo Switchへの移植版。サイドストーリーやキャラクターボイスなど、大幅な補強がなされている

 公式Twitterには「チーム一同」名義のコメントが掲載。ガイドラインに定めたルールは、プレイヤーの動画公開や生配信を「制限」することが目的ではないとしたうえで、「しかしながら、発売からの数日間でアップロードされている動画には、守っていない動画も多い」と述べています。そういった動画を意図せずに見てしまい、楽しみが奪われたといった問い合わせも多く、度を過ぎているものには対処も行っているとのことです。

 あわせて、ガイドラインをより分かりやすいよう更新。Nintendo Switchのキャプチャ機能を使用しないでキャプチャ・生配信をする場合でも録画禁止区間が分かるようにと、ボイスドラマとエンディングは禁止と明記しました。そして、既に動画を公開している人には内容の見直しを、今後配信を行う予定のある人には、ガイドラインの確認を呼びかけています。


DQ11 ガイドライン(赤線は筆者の加工)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.