ニュース
» 2019年10月06日 09時00分 公開

先生が死んだカメレオンにそっくりだった 失った“親友”の面影を追う少女の漫画に涙がじわり (1/2)

親友のカメレオンに愛情を注いだ少女と、その愛情を受けたカメレオンと、カメレオンに似ている先生のお話。

[ねとらぼ]

 学校の先生に死んだカメレオンを重ねてしまう――そんな女の子の物語「カメレオン先生」に心動かされる人が続出しています。作者はゆずしお(@sio773)さん。

 何をするにも一緒だった親友のカメレオン「レオン」を失ったチャコ。学校で見かけた生物教師、龍崎先生がレオンにそっくりで、思わず生物室に押しかけます。先生はカメレオンにそっくりと言われても迷惑そうにすることもなく、チャコの悲しみが癒えるならと、そばにいてもいいと言ってくれます。

先生が死んだレオンにそっくり

 変わり者の「カメレオン先生」と一緒に過ごすようになったチャコ。彼女はよく笑うようになり、そして先生に思いを寄せるようになります。そしてある日、レオンがチャコに取り付いて先生の目の前に現れます。チャコの心を奪った先生を「憎い」と刃を向けるレオン。

 しかし先生は、レオンがそんな気持ちを抱くほどにチャコから愛されていたことを「よかった」と優しい目をして話すのです。その優しい目を見て、チャコとの日々を思い出すレオン。チャコに「楽しい思い出をありがとう」とお礼を伝えて去るのでした。

 先生に憎しみを抱いてしまうほどにチャコを愛したレオン。その愛はチャコがレオンに愛情を注いだからこそ生まれたもので、その強い絆に目頭が熱くなります。カメレオン先生自身も、かつてかわいがっていたうさぎの死を経験しており、その経験からレオンの気持ちに寄り添うことができた……というのもまたジーンと来ます。

 読者からは「感動した」「泣いた」という声や、自身のペットのことを思い出したというコメントが寄せられています。

カメレオン先生

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.