子ども視点の「虐待体験VR動画」はどのように生まれたか プロジェクト代表者に思いを聞く

多くの反響があった動画の舞台裏とは。

» 2019年10月05日 11時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 子どもの目線で虐待をVR体験する動画のパイロット版が9月に公開され、話題になりました(関連記事)。動画再生は9万回を越え、多数の人から反響が寄せられています。動画を制作したWESTE & Co.(ウェスト アンド カンパニー)の代表、西江祐哉さんにお話を聞きました。


虐待体験VR 注目を集める虐待体験VR

VRを活用し「世の中の負を引き上げる」


虐待体験VR WESTE & Co.は映像やVRなどデジタルコンテンツを作る会社

 映像(VR向けも含む)の企画・制作、デジタルコンテンツの企画・開発などを行うWESTE & Co.を2019年1月に立ち上げた西江さん。「世の中の負を引き上げる」――いじめや虐待など、マイナスの状態にある人を、フラットな状態に引き上げるための活動をしたいという想いもあったといいます。これまでに培った映像制作のための技術やノウハウ、人材を生かして、児童虐待撲滅のためのプロジェクトをスタートしました。


虐待体験VR 貧困や格差など、さまざまな社会問題に関心があるといいます

 西江さんは、虐待事件に対する世間の意識を向上させるには疑似体験が効果的ではないかと考え、子ども視点のVRを作ることに。2018年に横浜市で起きた幼児虐待事件の詳細を独自に調べ、それをもとに動画のストーリーを構成しました。VR体験動画を、「周囲への意識付けによって生まれる『虐待への気づき』と、実際の虐待を見た際に声をかけたり、通報したりする『勇気』が得られるコンテンツにしたい」と西江さんは話します。


虐待体験VR 最新の映像技術を、虐待防止への意識向上につなげたい

あの「トラウマ級」の動画はどうやって生まれたのか

 実際に動画のパイロット版を見ると、母親役や父親役の表情やセリフに圧倒されます。また、父親のいら立ちに追い詰められた母親が徐々に暴力的になり、最後には積極的に虐待するようになったり、虐待者が気まぐれに優しい声をかけたり、微笑みかけたりするなどディテールの細かさも感じられました。


虐待体験VR ピリピリと緊張感が高まっていきます

 演じているのは劇団などに所属しているプロの俳優さん。「パワーポイントで作った絵コンテを演者さんに一度だけ読み込んでもらい、あとは自由に演技をしてもらいました」(西江さん)。細かく演技をつけず、俳優さんの特徴や技量を信頼したことで、動画の「リアルな恐怖感」が生まれたそうです。


虐待体験VR フレンドリーに話しかけてきたと思ったら……

反響とプロジェクトの今後

 虐待の様子を迫力満点に再現した動画にはたくさんの反響がありました。「VRの普及率は全体の3%と言われているので、本コンテンツをVRとして視聴した人は多くないことが予想されます」と西江さんは語っていますが、YouTubeには多くのコメントが書きこまれ、虐待防止に取り組んでいる人から「本当にうれしかった」というメールが送られてきたそうです。

 「本プロジェクトにあたっては、とても注意深く進める必要があると感じています」と西江さん。今後は賛否あった意見を取り入れつつ改良を加えていきたいと語っていました。さまざまな角度からの声を生かしながら、虐待防止につながる、さらに意義のあるコンテンツへの成長が期待されます。

パイロット版児童虐待体験VR

(谷町邦子 FacebookTwitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  2. /nl/articles/2407/10/news151.jpg 妻との口ゲンカに負けた夫が“仕返し弁当”を作ったら…… ギョッとする仰天ビジュアルに「量半端ないですってw」「笑いと共に鼻水も出ました」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/15/news007.jpg 「気が付かなかった」 実は“ガンプラじゃない”衝撃のガンダムやサザビーが話題 「これはメカメカしくて良い」
  5. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  6. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  7. /nl/articles/2407/10/news203.jpg 夫「ピザ窯作ろう!」突然のDIY宣言→まさかの30分後…… 夢が広がる最高の夕飯に「たまらなく良き」「うちにも欲しい」
  8. /nl/articles/2407/14/news005.jpg 毛糸でリメークした“ユニクロ無地Tシャツ”に「袖を編んでしまうの」「ステキ」 オシャレに生まれ変わった完成形に注目
  9. /nl/articles/2407/15/news012.jpg 2歳娘がリップをお口に塗ると……予想外の展開が330万再生 きっと笑顔になる結末に「こんなん目の前でやられたら尊死するわ…」
  10. /nl/articles/2407/12/news154.jpg コレどうやったの!? “ビンの中でボルトを締める”不思議な木工パズルが1200万再生 「クレイジーだ」「ストレステストかな?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」