ニュース
» 2019年10月06日 19時28分 公開

あの「マンションポエム」がカードゲームに ポエムから物件内容を妄想しプレゼン成功を目指す

1万5000通り以上のマンションポエムが生成できるとか。

[宮原れい,ねとらぼ]

 高級マンションの広告に書かれた詩的なコピー「マンションポエム」を題材にしたカードゲームがクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に登場。製品化に向けた支援を募集中で、すでに目標金額の20万円を達成する支持を集めています。


マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング マンションポエムが好きな人に

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング カードゲーム名は「ザ・ポエティックマンション」

 電車の中吊り広告やチラシなどで見かける“マンションポエム”。「未来を紡ぐ、都心の先島へ。」や「誰も知らない憧憬が、日常となる。」など、声に出して読みたくなるマンションのキャッチコピーは一部の人から人気で、ポエムを集めている人もいるようです。なお、マンションポエムといえば「デイリーポータルZ」の大山顕さんの記事が発端となって認知されるようになった概念であり、2013年ごろには興味深い分析を行っています。


マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 中吊り広告などで見かける高級マンションの広告 ※架空の広告風画像

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング “澄まう”がポイント

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング よくわからないけどすごそうなマンションポエム

 そんな“マンション広告あるある”をゲーム化したのが今回のカードゲーム「ザ・ポエティックマンション」。遊び方は、マンション会社員役となったプレイヤーが、手札の「ポエムカード(上の句・中の句・下の句)」からテーマにそったマンションポエムを生成。ポエムを順に披露しつつ、連想される物件内容をプレゼンして、お客様役プレイヤーとの成約を目指します。プレイ人数は4人で、プレイ時間は10分〜30分程度。それっぽいポエムをそれっぽく解説するアドリブ力が求められそう……!


マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 上の句・中の句・下の句の3文節に分割されたポエムカードで生成します

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 意味不明な組み合わせがいっぱい生まれそう

 ポエムカードは各文節25種類ずつで、合計75種類あるため1万5000通り以上のポエムが生成可能。またお客様の要望を設定する「テーマカード」と、状況に変化をもたらす「アクションカード」があり、ゲームの進行を盛り上げます。


マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング ポエム生成やプレゼン時に何らかのトラブルが生まれる「アクションカード」はポエム生成〜プレゼンのフェーズで使えます

 CAMPFIREでは特典として、ゲーム内で使用できる「限定オリジナルカード1枚」と、惜しくも採用されなかったポエムワード候補をまとめた「ポエムワード・幻の候補一覧表(PDF配布)」が付属し、3000円(送料込み)で手に入れることができます。


「ザ・ポエティックマンション」ゲームの流れ


マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング まず判定員となるお客様役のプレイヤーが「テーマカード」を引き、そのラウンドにおけるテーマが決まります

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 次にポエムを競い合うマンション会社員役のプレイヤー(通称:ポエマー)の面々が「ポエムカード」を引き、手札の選択肢の中からテーマにそったポエムを生成します

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 続いて完成したポエムを順次発表し、ポエムから連想される物件内容を補足しながらマンションの魅力を訴求します

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 全員のポエムが出揃った後に、お客様役プレイヤーが気に入ったポエムを1つ選びます。選ばれたポエマーは成約の証として当該ラウンドの「テーマカード」を獲得し、ラウンド終了となります

マンションポエム カードゲーム ザ・ポエティックマンション クラウドファンディング 状況に変化をもたらす「アクションカード」で意図しないポエムが生まれることも!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた