なぜ長男は里帰りしないのかと悩む相談者へ「嫌いな奴と会わなきゃいかん苦しみが一番嫌だね」のアドバイス 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

里帰りするようにうっとしいまでにアプローチする姑。

» 2019年10月07日 10時35分 公開
[北村ヂンねとらぼ]

 「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは10月4日(金)放送の今井通子パーソナリティー回。結婚して家を出ていった長男が、なかなか里帰りしてくれないと悩む母親からの相談。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

アナタは尊敬していません!

 相談者は58歳女性。夫は64歳。長男34歳は既婚で4人の子持ち。次男31歳は独身。どちらも独立し実家からは出ている。また夫の母親(義母)89歳とも同居していたが、現在は入院中

 この長男が、最近なかなか会いに来てくれないことで相談者は悩んでいるという。結婚当初は年に4、5回は会いに来ていたというが、子どもも増え、段々と回数が少なくなっていった。

 「それで、『私も孫の顔も見たいから。ウチの雰囲気にも慣れるためにも、こちらにも来るように』って催促したんです」

 しかし、実家から1時間半くらいの場所に済んでいた長男が、転勤で5時間以上かかるような場所に引っ越しすることに。手伝いに行った相談者と夫は、引っ越しで出たゴミを引き取って、実家まで持ち帰って焼却処分したという。

 「『それがもう大変だったんだ』って息子に、話のついでに言ったんです。そしたらそれに対して『何でそんなことを言うんだ』って、感謝の気持ちも言わず怒ったんですね」

 そんなこともあり、長男家族とはますます疎遠に。それでも年に一度、お正月くらいは帰ってきていたようだが……。

 「私たちはせっせとお料理を作り、お土産とかプレゼント、お年玉、布団の準備なんかして。まあ、来てくれるからと思っていたんですよ」

 この相談者、いろいろしてくれるのはいいが、いちいち恩着せがましいのだ。

 そんな態度に耐えかねたのか、長男夫婦からついに「今回はもう来ない」と宣言されてしまう。テンパった相談者は、嫁の実家に電話をして、なんで里帰りしないのかと問い詰めたようだ。

 「嫁からお正月のあいさつもそこそこに、すごい剣幕で『どうして私の実家に電話をしたんですか?』って怒って電話がかかってきたんですね」

 「夜も眠れないから、どうしても(理由を)聞きたかった」と答えた相談者に対し、嫁は依然ブチギレ。「尊敬も何もないのね」と聞くと、「アナタ(相談者)は尊敬していません。お義父さんは尊敬していますけど」と返してきたという。相談者もなかなか厄介そうだが、嫁は嫁で強い。


テレフォン人生相談 辛辣なアドバイス。ド直球で本当のことを言ってしまった イラスト/北村ヂン

イヤイヤ里帰りしても

 その後も「おばあちゃんが入院したから会いに来い」だの何だのと理由を付けて呼び出そうとするがリアクションはなし。ついには音信不通になってしまったという。

 「義母の具合が悪くなって葬式とかあった場合、どう対処したらいいものか。息子達の関係を考えて今、悩んでいます」

 お葬式どうこうじゃなくて、ただ単に長男や孫たちに会いたい、その口実として義母の入院や葬式(まだ亡くなってないが)を利用しているだけじゃないかと思うが……。

 「アナタの望みは何なの? 孫に会いたいの?」

 「お互いの顔を見て、幸せなひとときを過ごせたらっていう感じですね」

 「これは、アナタが幸せなひとときを過ごせたらっていうこと?

 「家族全員ですね」

 「だって来たくないんでしょ、向こうは?」

 今井先生、いきなり辛辣。ド直球で本当のことを言ってしまった。イヤイヤ里帰りしても「幸せなひととき」なんて過ごせるはずがない

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」