ニュース
» 2019年10月07日 19時34分 公開

JRAと漫☆画太郎が地獄のコラボ 声優がやたら豪華なボイスコミック「テラスホース」でいかつい恋模様描く

杉田智和、竹達彩奈、中村悠一、悠木碧、諏訪部順一、田村ゆかりの6人が演じる地獄絵図。その他はだいたい木村昴。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 JRAが秋のレースを盛り上げるべく、特設サイト「TERRACE HORSE 〜テラスホース〜」を開設し、ボイスコミックを公開しました。「テラスハウス」公認のパロディで、杉田智和さんや竹達彩奈さんら豪華声優陣が男女6人の恋模様を演じる力作。……なのですが、漫☆画太郎先生が漫画を担当した結果、ものすごくいつものいかつい風味に仕上がってしまいました。


JRA キャスティングが無闇に豪華

 読者の選択次第で展開が変わる、恋愛ゲームの要素が少々入ったWebコミック。菊花翔(杉田智和)、JC(中村悠一)、真入千六(諏訪部順一)の男性陣と、都秋華(竹達彩奈)、エリーザ・ベス(悠木碧)、樹部名あいる(田村ゆかり)の女性陣が共同生活する物語です。ちなみにババアなどモブキャラの声は木村昴さんが担当……やっぱり出るのかババア。


JRA 最初に性別を選択。選択肢が「牡」か「牝」て!

JRA “圧”がものすごい共同生活

 主人公の性別は読者が選択でき、男の場合は菊花翔、女では都秋華の視点から物語が展開。みんなで競馬場に行ったり、家でくつろいだりしているうちに仲が深まり、最終的には意中の相手と競馬場デートが楽しめます。いろんな意味で。


JRAJRA 男女どちらを選んでも、中盤で地獄のような3択を迫られます。個人的には声優の好みで選ぶのをオススメ

JRA 絵面のきつさはともかく楽しそうなデート

 全5話構成で、選択次第で付き合う相手も恋の結末も変化。ハッピーエンドも、ババアに捕まる不条理なエンドも楽しめます。エンディング画面で指定されたハッシュタグを添えて結果をTwitterでシェアすると、声優陣のサイン入り台本が抽選で5人に当たるプレゼント企画も。


JRA どこで選択を間違えたのか、ババアに捕まってしまいました。画太郎ワールド的には正解な気もします

 特設サイトでは、画太郎先生プロデュースの恋愛診断も同時公開。「恋のアプローチ、本命派? 大穴派?」など3つの質問に答えると、ユーザーの指向がインパクト抜群のイラストで示されます。こちらも結果をシェアすることで、抽選で1人にAmazonギフト券10万円分がプレゼント。


JRA

JRAJRA 恋愛の指向を競馬にたとえた診断結果が出ます

 キャンペーンに合わせて、11月10日は東京競馬場にて、竹達彩奈さんが来場するスペシャルイベントが開催。テラスホースオリジナルグッズが1000人に当たるキャンペーンも催されます。


JRA

JRA 賞品のオリジナルキーカバーとQUOカード500円分

(C)JRA (C)漫☆画太郎/集英社



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」