ニュース
» 2019年10月08日 15時47分 公開

両さんが帰ってきた! 『こち亀』特別漫画、ワイモバイルが公開 PHS終了を両さんが振り返る

ものすごくなじみ深い味わい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 PHSが2020年7月末にサービス終了を迎えるにあたり、ワイモバイルが特設サイト「ありがとうPHS×こち亀」を設け、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』とのコラボ漫画「ありがとうPHS!の巻」を公開しました。ガジェット好きでもある両津が、約25年に渡るPHSの歴史を振り返っています。


こち亀PHS

 「ついに終わってしまうのか……」と、PHS終了のニュースを両津が嘆くシーンから漫画はスタート。中川が「どうしたんですか先輩、こち亀の連載はもう終わりましたよ」と軽くボケたり、寺井が「PHSってポークヒレステーキの略の?」と、過去話で両津に吹き込まれたホラ話を蒸し返したり、とてもなじみ深い滑り出しです。


こち亀PHS

 両津はPHSが終わりゆく流れを認めつつも、その利点を力説。携帯電話とPHSの違いを説明しつつ、電磁波が少ないPHSは病院などにニーズがあると語ります。この“うんちくパート”も懐かしい。


こち亀PHS

こち亀PHS

 そして両津は、唐突に「PHSが終了してしまう前に、復活してほしいPHSベスト10を発表する!」と宣言。「HONEY BEE」や「初代京ぽん」などの名機を振り返りつつ、過去話に出てきた架空の機種までランキングに混入させ、カオスな展開で漫画は終わります。最後はもちろん部長の激怒。


こち亀PHS

こち亀PHS 過去話のアイデアが入ってきてカオスに

 なお、この漫画には不揃いな枠線や絵柄のばらつきなどがみられ、ネットでは「ほとんどのコマが過去話からの流用」「描き下ろしかと思ったら貼り下ろしだった」といったツッコミも。ただ、コラージュだとしても、それで新作を作れる点は、ある意味『こち亀』らしいともいえるでしょう。

 サイトでは、「こちらワイモバイルPHS歴史年表」も掲載。1995年7月のPHSサービス開始から2020年の終了まで25年間の、PHS関連や社会の出来事を、『こち亀』のエピソードとともに紹介しています。


こち亀PHS 歴史の長い『こち亀』だからこそできる演出

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」