ニュース
» 2019年10月08日 21時23分 公開

ソニーの次世代ゲーム機は「プレイステーション 5」、2020年年末商戦期に登場

コントローラーは従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載。

[ねとらぼ]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月8日、次世代ゲーム機の名称を「プレイステーション 5(PS5)」とし、2020年年末商戦期に発売することを発表しました

PS5 公式ブログの発表

 超高速アクセスが可能なカスタムSSD、AMD製の8コアプロセッサRyzen “Zen2”、AMD Radeon RDNAをベースとするグラフィックエンジンを搭載し、最大8K解像度出力まで対応します。

 コントローラーは従来の振動技術に代わりハプティック技術を搭載し、これまで以上に多彩な反応を手で感じられるとしています。またL2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用し、例えば弓を引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させるときの感覚をより鮮明に再現できるようになるとのこと。

 プレイステーション 4(PS4)タイトルとの互換性実現に向けた設計で、PlayStation VRに対応。物理メディアはUltra HD Blu-rayを採用し、ゲームディスクとしての容量は100GBになります。

PS5 ハードウェア概要(プレスリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.