ニュース
» 2019年10月09日 15時00分 公開

日の目を見ない猫ベッド……原因は猫のささいな「こだわり」? 猫の“あるある”行動を描いた漫画が癒やされる

そんなアナタが大好きよ。

[かのん,ねとらぼ]

 ツンデレ(?)な猫ちゃんと、愛情あふれる飼い主さんのマンガがTwitterで公開されています。


猫 猫には猫のこだわりがあるにゃ

 作者のあめ みのり(@ameminori)さんの愛猫「ユズ」ちゃんは甘えん坊な茶トラ白。近寄りすぎると時々クールな対応をされてしまいますが、ツンとデレのギャップがかわいいユズちゃんとみのりさんの暮らしは、ほのぼのかわいいエピソードでいっぱいです!

入口の問題だったのか……


猫

 ユズちゃんのためにみかんの形をした猫用ベッドを購入したみのりさん。しかし、ユズちゃんは全く興味を持ってくれずスルー……。それから1年たち、片付けのために奥にしまっていたベッドを出して部屋に転がしていました。

 すると、ユズちゃんがベッドにゴソゴソと入っていくではありませんか! 何で!? よく見ると、入口が正面ではなく“上を向いている”ことが気に入った様子。ユズちゃんならではのこだわりが発見され、日の目を見たベッドなのでした。



ユズ、同化するの巻


猫

 外出から帰ってきたみのりさんを出迎え……ないユズちゃん。みのりさんは一抹の寂しさを感じつつ廊下に飾ってあるこけしの前を歩いていると、なんとなく違和感を覚えます。

 通り過ぎて「ハッ!」と振り返るとなんとこけしの端にユズちゃんの姿が! あまりにも同化していて一瞬気付かなかったのです。みのりさんの驚いた様子を見て「サプライズ成功!」と気を良くしたのか、ドヤ顔を見せるユズちゃんが面白いですね!

靴下泥棒あらわる


猫

 洗濯物をたたんでいたみのりさんの背後で、そ〜っと靴下をくわえて逃げようとするユズちゃん。気付いたみのりさんと引っ張り合いになるも、ユズちゃんの歯のことを考えて強く引っ張れません。

 当然、遠慮なくグイグイいくユズちゃんが勝利! ユズちゃんは靴下をカミカミして、その感触を楽しむのが大好き。そして靴下はくちゃくちゃに……。再度洗濯をしなくてはいけないみのりさんなのでした。



これはこれで励ましてくれている?


猫

 疲れてバッタリと倒れこんでいるみのりさんにそっと近づいてくるユズちゃん。これはもしや、ペロペロして慰めてくれるのでは……! とみのりさんは期待しますが、頭に繰り出されたのはユズちゃんの「尻尾パンチ」。

 ぺしぺしと小気味よく動く尻尾パンチをくらいながらも「励ましのパンチ」と受け取り礼を言うみのりさん。そのポジティブシンキングがあっぱれです!

あたいの背後にまわるんじゃにゃい……!


猫

 みのりさんは一生懸命爪とぎをしているユズちゃんの背中が大好き。見るとついつい背後から抱きついてしまいます。そうするとユズちゃんは「にゃにしとんじゃ〜!」とユズちゃんに反撃されてしまいますが、それでも抱きつきたくなってしまうユズちゃんの背中。

 ある日、外出の準備で忙しく、爪とぎをしているユズちゃんをスルーしたみのりさん。ユズちゃんはみのりさんが後ろに来ないことを不思議に思ったのか、「うしろ、あいてますにゃよ」と言いたげな表情を見せます。寄れば反撃、寄らねば誘惑、さすがはツンデレ上級猫なユズちゃんですね。

 優しいみのりさんと、その愛を一身に受けて育った自由でかわいいユズちゃん。そのほのぼのとした日常は幸せにあふれていて、見ていて心が癒やされます。これからもそのツンデレっぷりを極めて、楽しい毎日を過ごしてほしいですね!

画像提供:あめ みのり(@ameminori)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」