連載
» 2019年10月09日 10時30分 公開

日本にもこんなスゲー道がある! 上富良野の“神”道路「ジェットコースターの路」を走ってみた【写真20枚】(2/3 ページ)

[少年B,ねとらぼ]

グワングワンと何度も上り下りが続く! うほぉぉすげぇぇぇ!

 では通行しましょうー! 入口には「ここからジェットコースターの路」というバス停のようなかわいい看板が建っています。分かりやすいですね。

 前述した通り、ジェットコースターの路は農道として整備された道路。道の両脇は畑です。くれぐれも立ち入らないようにしましょう。

 まずは緩やかな上り坂を登っていきます。

「ジェットコースターの路」の看板の後ろには注意書きも ここから「ジェットコースターの路」。両脇は畑。絶対に入らないように(道路部分から撮影)
入口は緩やかな上り坂になっています 入口は緩やかな上り坂

 坂を登りきると、一転して急な下りに。うほぉぉ!

 そんなように何度も上り下りが続きます。グワングワンうおおおおー! ダイナミック!!

下って、一気にまた駆け上ります 下った先には、また上りが見える!
遠く向こうには今にも下ってくるクルマが この「グワングワン」っぷりが分かるだろうか。遠く向こうには下りながら向かってくるクルマも
らくだのこぶのようなアップダウン らくだのこぶのようなアップダウン

 道が真っすぐなので、らくだのこぶのようなアップダウンが果てしなく続いているのがよく見えます。ワイルドにもほどがある光景です!

 中間地点に「かみふらの八景」の立札がありました。上富良野町では、広く人々に親しまれている美景スポット8カ所を「かみふらの八景」と名付け、観光協会のサイトなどで発信しています。ここがその1つです。

 丘陵、田園、十勝岳連峰……道路から見える景色も、雄大で迫力があります。この道は倉本聰脚本のドラマ「優しい時間(2005年)」の舞台にもなりました。

中間地点には「かみふらの八景」の証が 中間地点には「かみふらの八景」。あぁぁぁ本当に絶景
かみふらの八景の看板 かみふらの八景の看板。十勝岳連峰を見渡せる
上富良野の雄大な大自然が、わたしたちを包んでくれます 上富良野の雄大な大自然が、わたしたちを包んでくれる
ポスターのような写真が撮れました。かっこいい! ポスターのような写真が撮れた。来てよかった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する