ニュース
» 2019年10月11日 19時30分 公開

「撮影をしてね」「え!? 撮るの!?」 アンジャッシュのすれ違いコントみたいな夫婦の会話描く漫画がじわじわくる

長男の運動会と、2人目の出産時期がかぶったばっかりに……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 息子の運動会をビデオ撮影してもらおうと、夫と話していたら、図らずもアンジャッシュのコント並にすれ違ってしまった――そんな出来事を描いた漫画が、ほのぼのとした笑いを呼んでいます。表面上は話が通じているのに、意味は通じていないところがまさにアンジャッシュ。


アイキャッチ エンタの神様だったら、「妻:長男の話をしている」「夫:これから生まれる赤ちゃんの話をしている」などとテロップが出そう

 投稿主のチビッコ(@chibicco299)さんは、4歳の息子を持つお母さん。めでたいことに、近日中に第2子が生まれる予定なのですが、お産と長男の運動会で日程がかぶりそうなことを少々悩んでいました。


前半

 もし入院で運動会に行けなくても、長男の晴れ姿は見たい――そう思って夫に撮影を頼んだのがすれ違いの始まりでした。夫は出産の様子を撮ってほしいのだと勘違いしてしまったのです。「正面から出てくるとこ撮るの?!」とか、急に何を言い出すんだ。

 このあたりでどちらかが思い違いに気付きそうなものですが、チビッコさんが「正面から出てくるとこ」を、運動会の「選手入場」と解釈したため、話は自然に継続。「先生の邪魔にならない?」という夫の心配も、「先生」という言葉が教師にも医師にも当てはまるせいで、会話としてなんとなく成立してしまいます。


後半 あったらすごいな「産科の撮影席」

 結局「撮影席あるから大丈夫よ」と聞いた夫が、「最近の出産は進んでる……赤ちゃん出るとこバッチリ撮るわ」と本気になったところで、やっと2人は話のおかしさに気付き笑い合ったのだとか。会話はすれ違ってしまいましたが、ある意味通じ合っているようにも見えて楽しそうです。

作品提供:チビッコ(@chibicco299)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.