ニュース
» 2019年10月11日 12時57分 公開

「はかたのしお」はネットのトラブル対応に役立つ合言葉? 「は→反応しない」「か→関わらない」など

「いかのおすし」的な。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ネットで非難を受けたときは、対応を間違うと事態を悪化させてしまうものです。そんなとき参考になる標語、「はかたのしお」を、TwitterユーザーのトモぞヴP(@TomozoP)さんが考案しました。有名なフレーズのおかげで覚えやすそう……はっかったっのっしおっ!

公式CMでおなじみのフレーズを聞きながら覚えましょう

はかたのしお これが絶対というわけではありませんが、基本として大事(画像提供:トモぞヴPさん)

 防犯標語「いかのおすし」のように、自身を守るための行動の頭文字をまとめた標語。「は」は反応しない、「か」は関わらない、「た」は戦わないと、スルースキルの重要性を説いています。

 そして「の」は「載せない」。例えば、ダイレクトメッセージのように、クローズドなやりとりをさらしてしまうと、非がなくとも自分が悪いように扱われかねないからです。

 最後は「しお」の2文字がセットで「塩対応」。「もし対応を余儀なくされた場合、消費者運動から生まれ、よりおいしく、そして、安全な塩をご提供するために(中略)人による目視検査を行っている『伯方の塩』のようにしっとりとした対応を心がけましょう」と、伯方の塩公式サイトから「つくり方へのこだわり」の項を引用しつつ、「冷静な対応を」といった内容がふんわりと説明されています。なぜ急に宣伝入った。


はかたのしお

 もちろん、これだけで全てが解決するとは限りませんが、ある程度の参考にはなるはず。それでも事態があまりにもひどい場合は、弁護士や専門家との相談も1つの手です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」