ニュース
» 2019年10月11日 13時45分 公開

東京メトロ、台風19号にあわせて12日に計画運休を実施 地上を走る区間は13時ごろから運転取りやめ

東京都交通局も計画運休を発表。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 東京メトロ(東京地下鉄)は10月11日、台風19号の接近にあわせて計画運休を実施すると発表。12日、13日のスケジュールを公開しました。

東京メトロ 東京都交通局 計画運休 撮影:大泉勝彦

 計画書によると丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、副都心線において、12日は13時から一部区間で終日運休が決定。対象外となる区間で折り返し運転を実施するそうです。

東京メトロ 東京都交通局 計画運休 撮影:大泉勝彦
東京メトロ 東京都交通局 計画運休 東京メトロの計画書

 有楽町線では和光市駅から地下鉄成増駅、豊洲駅から新木場駅の区間が運休になるものの、地下鉄成増駅から豊洲駅の地下を走る区間は折り返し運転で営業するなど、運休となるのは主に地上を走る区間が対象となっています。

 13日は始発から午前中の間に安全確認などを行う関係から、一部区間で運転を見合わせる可能性があるそうです。

 また、東京都交通局も台風19号にあわせた対応を発表しており、10月12日、13日にかけて都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、東京さくらトラム(都電荒川線)、都営バスでも計画運休を予定しており、12日は14時ごろから運行本数の減少、運休などの対応を予定していると発表されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.