レビュー
» 2019年10月15日 11時30分 公開

スポーツ少年団の監督をする夫がお母さんと不倫して駆け落ち 本当の離婚理由を長男に打ち明けるべきか? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(1/2 ページ)

「彼が私を裏切った」特集での相談者号泣のアドバイス。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 「彼が私を裏切った」特集で、愛憎入り交じる恐ろしい相談が勢ぞろいだった「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜 配信)先週のハイライト。今回ピックアップしたのは10月8日(火)放送の今井通子パーソナリティー回。不倫し、駆け落ちしてしまった元夫との離婚理由を息子に明かすべきか悩んでいるという相談。


テレフォン人生相談 パーソナリティ:加藤諦三(評論家)、今井通子(作家・登山家)、ドリアン助川(作家・ミュージシャン)、柴田理恵(女優・タレント) イラスト/北村ヂン

スポーツ少年団の監督がお母さんと不倫

 相談者は44歳女性。離婚した元夫も44歳。長男は高校3年生、長女は高校1年生。子どもたちは相談者が引き取って育てている

 2年半前、スポーツ少年団の監督をやっていた元夫から突然、離婚を切り出された相談者。離婚理由もよく分からず、当初は拒否していたのだが……。

 「これだけ養育費を負担するので別れてくれといった話があったので、私ももう諦めまして、離婚をすることになりました」

 結局、理由もよく分からないまま離婚に応じてしまった相談者だが、のちのち、周りの人から知らされたことによると、どうやら元夫はスポーツ少年団関係のお母さんといい仲になって、一緒に都会に行ってしまったようだ。

 スポーツ少年団の監督と、子どもを通わせるお母さんが不倫&駆け落ちとは、エロ小説の設定かよと。相談者の家庭も心配だが、不倫相手の子どもの気持ちも心配だ。監督とお母さんが……。

 離婚の本当の理由を知った相談者は、長女には真相を打ち明けたというが、長男は高校の寮に入っていることもあり話すタイミングを逃してしまった。帰省した際に「離婚理由を知りたくないのかい?」と聞いたところ、「言わないで欲しい」と返されたという。

 「その息子さんに離婚理由を教えたいの?」

 「私がずっと苦労してきて……元旦那がたまに会って、いいようにやっていることが、すごく悲しいというか……」

 ものすごく自分勝手な理由で離婚しておきながら、子どもたちに会うときはいい顔をしている。ありそうな話だ。

 元夫からは養育費を月に7万円、自宅のローンも払ってもらっているということで、最低限の金銭的負担はしてもらっているようだが、相談者が働いて得ている給料は月10万ちょっと。高校生ふたりを育てるのは厳しいものがあるだろう。そもそも、本当の離婚理由が事前に分かっていたら、この他に慰謝料なども請求できていたはずだ。

 こんなモヤモヤを全部長男にブチまけて、元夫の正体を教えてやりたいという気持ちはものすごく分かる。

 「実は私も幼少の頃、同じ経験があって。父が同じことをして、すごく苦しんだことがあったんですけども。それもあって、やはり息子の気持ちを考えると、このまま知らずにいた方がいいのか、どうしたらいいものかなと思って……」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」