ニュース
» 2019年10月15日 15時33分 公開

「水につかった車両は水が引いても使用しないで」 感電事故や車両火災のおそれあり、国交省が注意喚起

対処方法を説明しています。

[ねとらぼ]

 「大雨で浸かったクルマ、水が引いても使用しないで」――国土交通省が、台風の影響で水につかった車への対処方法を説明しています。

 水につかった車両は問題がなさそうに見えても、感電事故や電気系統のショートなどによる車両火災が発生するおそれがあると同省。自分でエンジンをかけず、使用したい場合は販売店や最寄りの整備工場に相談するよう案内しています。「特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい」と注意。

 また使用するまでの間に発火するおそれがあるので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外し、外したターミナルがバッテリーと接触しないようにテープなどで覆うといった措置を取るよう指示しています。

外したターミナルがバッテリーと接触しないように(国交省のWebサイトから)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.