ニュース
» 2019年10月15日 18時34分 公開

カップだけど本格派ケーキ! ローソンの新スイーツ「カプケ」を一足早く食べてきた

気軽に買えるのもうれしい。

[小林夏帆,ねとらぼ]

 ローソンからスイーツの新シリーズ「CUPKE(カプケ)」が登場します。ショートケーキやモンブランなど、定番のケーキが食べやすいサイズのカップに入ったカップケーキ型のスイーツで、発売日は10月22日です。

CUPKE こちらがローソンの新商品「カプケ」

 「カプケ」は、ケーキをもっと食べやすく、手軽にというコンセプトで開発された、カップ入りのケーキです。

 同種のカップ入りのケーキは、セブン-イレブンでも販売されており、コンビニスイーツの新たな定番になりそうな予感がします。

 いままでローソンでは、ホールケーキを切ったタイプのものなど、専門店で扱うものに似たケーキを販売してきましたが、カプケはよりカジュアルなイメージのスイーツです。

 本格的なケーキをプラスチックのカップに入れることで、崩れにくく持ち運びやすくなったほか、ケーキのまわりを包むフィルムがなくなったことでごみの処理もしやすくなりました。また、大きさも以前のケーキより少し小さな食べきりサイズとなっています。

CUPKE 4種類が同時に登場します

 ねとらぼ編集部では、こちらのカプケを一足早く実食させていただきました。今回発売されるのは、「とろけるクリームの苺ショート(315円/税込 以下同)」「ごろっと栗のモンブラン(295円)」「くちどけティラミス(270円)」「カカオ薫るショコラ(295円)」の4種類です。

 全体的に、カプケはやはり少し小さめの印象をうけます。しかし、それゆえに何個かあわせて買いたくなりました。実際に、テスト販売でも数種類をまとめて買う人も多く見られたとか。カップも味ごとに異なるトランプのスーツ(記号)をあしらっており、つい並べたくなってしまいます。

CUPKE 手書き風の模様がかわいいパッケージ

 実際に食べてみたところ、どれも予想以上に「大人味」で驚きました。中でも、これは甘いだろうな……とみていた「とろけるクリームの苺ショート」は、さっぱりとしたクリームの甘さと、中に入ったいちごソースの酸味のバランスがちょうど良く、ペロリと食べることができました。

 また、「カカオ薫るショコラ」も見た目よりもビターな風味。どっしりと密度が濃いチョコケーキなので、温かいコーヒーなどと一緒に楽しみたくなります。

CUPKE 側面が見えないデザインなので、トッピングにこだわっているそうです

 トッピングにも中にも栗がはいっている「ごろっと栗のモンブラン」は、下に入ったクランチチョコのカリカリした食感が楽しく、ケーキとパフェのいいところを取ったカップならではの良さがありました。

 筆者が一番おすすめなのは「くちどけティラミス」。マスカルポーネチーズを100%使用したコクのあるクリームに、苦めのコーヒーシロップが良く合っていて、しつこくなく食べやすいおいしさでした。

CUPKE 中身の苺ソースがおいしい「とろけるクリームの苺ショート」
CUPKE 素材の異なる層が楽しい「くちどけティラミス」

 また、ローソンでは、カプケの発売と同時に、レジで購入できるマチカフェのブレンドコーヒーをリニューアルします。今回のリニューアルでは、焙煎を以前と変えることにより、コーヒーの香りを増すことに成功。この香りをより感じるように、コーヒーのふたもリニューアルしました。

 新しいふたは、飲み口を開けると同時に、中央部分に香りを感じるための穴が開くように設計されています。正直、見た目は地味なのですが、香りを引き立てるためだけに開発され、現在特許も申請中というこだわりのふたです。

CUPKE 新開発の「香りフタ」

 リニューアルしたコーヒーとカプケを組み合わせれば、オフィスでもゆったりしたブレイクタイムを過ごせそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.