ニュース
» 2019年10月15日 20時15分 公開

モンブランアイスが「大根にしか見えない」 スーパーカップの新作、実物を確認したら本当に大根だった

むしろ大根じゃなかったら何なの?

[ねとらぼ]

 「明治エッセル スーパーカップSweet’s」のモンブラン味が10月7日に発売。秋の定番スイーツ「モンブラン」の味わいをアイスで表現した話題の1品ですが、SNS上では「大根にしか見えない」との声があがっています。

 スーパーカップSweet’s モンブランは、マロン果肉入りソース、ホイップクリーム風アイス、フルールドセル入りクッキー、マロン風味アイスの4層構造が特徴。その中で上部にあるマロン果肉入りソースが、その絶妙な色合いや凍らせた際にできてしまったであろう細かな筋の影響で「味の染みた大根」に見えてしまう人が後を絶たないようです。


大根 パッケージ。まだ大根じゃない

大根 蓋を開けてみた。まだアイス感がある

 実際に購入して実物を確認してみたところ、一見すると茶色いアイスに見えますが、フチの部分が溶け始めると急に「茶色いだしの中に浮かぶ大根」が出現。周囲が溶けたことで一気におでんのような見た目となり、大根感が急激にアップします。というか、もはや大根以外の何物でもないようにすら思えてきます。

大根 フチが溶けると大根感が大幅アップ

大根 拡大

大根

大根 いや、もうこれ大根でしょ

 なお、その味はクリーミーさと口の中に広がる甘さが魅力。当然ですが、大根の味は一切しません。「見た目は大根なのに味はアイス」という謎の感覚を味わってみたい人におすすめの1品です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.