ニュース
» 2019年10月16日 07時30分 公開

「どんなセキュリティにも“穴”はあるのよ……ちくわのように」「肉を切らせて米を炊く」 クセが強い女子の1コマ漫画シリーズがじわじわくる (1/2)

とぼけた調子がクセになる。

[沓澤真二,ITmedia]

 「決めぜりふがクソダサい女スパイ」が本気でダサい――ネタがあとからじわじわ効いてくるような1コマ漫画がTwitterで好評です。どんな決めぜりふかというと、「どんなセキュリティにも必ず“穴”はあるのよ……そう……まるでちくわのようにね」……うっわっダッサッ!


クソダサスパイ せりふ以外はだいたい決まってるんですけどね

 漫画家のずんだコロッケ(@zundacroquette)さんが展開しているシリーズ。ほとんどの作品にかわいらしくもクセの強い女性が登場し、とぼけた調子でシュールなネタやダジャレなどを放り込んできます。



ALT ギャルがアバン先生ゴッコをして、これがほんとの「アバンギャルド」……ダジャレを説明するとかいう大罪をお詫び申し上げます

 あまり登場人物や設定は定められていないものの、「勘違いの激しい人」や「ことわざがうろ覚えな人」といったパターンものも。例えば「“ヘッドハント”と“ヘッドショット”の勘違い」や「肉を切らせて米を炊く(肉を切らせて骨を断つ)」といった調子で、冷静に考えた瞬間におかしな絵が浮かんでクスッとさせられます。それぞれに付いたツッコミも、「暗殺っすか?」「楽しい夕食かよ」と的確でまたおかしい。


ヘッドショット

肉を切らせて

 ずんだコロッケさんは、過去の作品をモーメントにまとめています。また、マイナビニュースでは「上司さんと後輩くんのSE的日常」を連載中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.