ニュース
» 2019年10月16日 07時30分 公開

「どんなセキュリティにも“穴”はあるのよ……ちくわのように」「肉を切らせて米を炊く」 クセが強い女子の1コマ漫画シリーズがじわじわくる (1/2)

とぼけた調子がクセになる。

[沓澤真二,ITmedia]

 「決めぜりふがクソダサい女スパイ」が本気でダサい――ネタがあとからじわじわ効いてくるような1コマ漫画がTwitterで好評です。どんな決めぜりふかというと、「どんなセキュリティにも必ず“穴”はあるのよ……そう……まるでちくわのようにね」……うっわっダッサッ!


クソダサスパイ せりふ以外はだいたい決まってるんですけどね

 漫画家のずんだコロッケ(@zundacroquette)さんが展開しているシリーズ。ほとんどの作品にかわいらしくもクセの強い女性が登場し、とぼけた調子でシュールなネタやダジャレなどを放り込んできます。



ALT ギャルがアバン先生ゴッコをして、これがほんとの「アバンギャルド」……ダジャレを説明するとかいう大罪をお詫び申し上げます

 あまり登場人物や設定は定められていないものの、「勘違いの激しい人」や「ことわざがうろ覚えな人」といったパターンものも。例えば「“ヘッドハント”と“ヘッドショット”の勘違い」や「肉を切らせて米を炊く(肉を切らせて骨を断つ)」といった調子で、冷静に考えた瞬間におかしな絵が浮かんでクスッとさせられます。それぞれに付いたツッコミも、「暗殺っすか?」「楽しい夕食かよ」と的確でまたおかしい。


ヘッドショット

肉を切らせて

 ずんだコロッケさんは、過去の作品をモーメントにまとめています。また、マイナビニュースでは「上司さんと後輩くんのSE的日常」を連載中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」