ニュース
» 2019年10月17日 09時00分 公開

ファミコンとコロコロと高橋名人に夢中だった思い出がよみがえる 1975年生まれ直撃の雑誌『昭和50年男』創刊

昭和50年前後生まれにも刺さる内容です。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 1975年生まれの男性に向けて作られた雑誌、『昭和50年男』(クレタパブリッシング)が創刊されました。価格は780円(税込)。その世代が少年時代に体験したファミコンやミニ四駆、『コロコロコミック』の漫画といった1980年代後半の文化を特集しており、1975年生まれに限らず近い世代にも刺さる内容となっています。


表紙 『昭和50年男』表紙

 1965年生まれ向け雑誌『昭和40年男』の兄弟誌。両誌とも「温故知新」を目指し、「『ノスタルジックな想い出が呼ぶ共感』を『明日を生きる活力』に変える」をコンセプトとしています。

 『昭和50年男』の特集「オレたちの熱源を探る時間旅行 Golden 5years 1985-1989」では、表題の5年間のトピックを年ごとに紹介。目次には「つくば科学万博」や「ウーパールーパー」、「風雲たけし城」や「イカ天(三宅裕司のいかすバンド天国)」など、懐かしいワードが踊っています。

 1986年の章では高橋名人をフィーチャーし、インタビュー記事を掲載。ほかにも『つるピカハゲ丸』ののむらしんぼ先生や、ミニ四駆マイスター「前ちゃん」こと前田靖幸氏など、当時を彩った面々が登場するとのことです。


高橋名人 名人も当時の雰囲気で登場

 同特集では「80’sゲーム・クロニクル」「オレたちは『北斗の拳』の世界に憧れた!」「昭和プロレス ラスト5年の軌跡」といった章も。当時の雰囲気を伝える資料としても読みごたえがありそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.